<   2005年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧

愚問かも知れないが

 はじめに言っておく。愚問中の愚問であり結論の出る事ではないと。

 ネット上で公開される、「お酒の会での人気投票」って・…。
 
 それを見て、気分の良い事もあろうが、ほとんど気分の悪くなることが多い。お酒の会を盛り上げたり、より楽しくする材料になり、色々な酒を飲み比べる【とてもよい機会】であるが、公開する以上はどういうようにその投票が行なわれたかも知りたいものだ。
 果たして品温は一定だったのか、それは会話無く静かに行なわれたのか・・(誰かの意見に惑わされない環境にあったか?)
 きき酒会でないというのであれば、ただ酒だけを飲んだのか、はたまたどんな料理を食べながらの事であったか。その場合、会話が無く行なわれる事は無いはずであるから、結果にどれだけの公平性があるか疑問も残る。

 お堅い事はいいたかないけど、公開する以上は、誰かが責任を持つべきだろう。

More
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-31 10:07 | 負け犬の遠吠え

海藻のお吸い物、海老再登板

 昨晩はkakkoさんから貰った「海藻」…二回も聞いたのにすっかり名前を忘れてしまっている・・・のお吸い物をいただきました。
 なんでも食べられる期間が採れてから二日間しかないらしく、市場に出荷されない地元住民だけが楽しむことができる海藻だそうです。

 【材料】
  海藻 … 名前がぁ~ (゚o゚)ヾノ~
  花がつお
  昆布
 【作り方】
  海藻を水洗い。
  昆布と花がつおで出汁をとる。
  椀に洗った海藻入れて、出汁をかける。 以上! 簡単です。

 お吸い物を“アテ”に燗酒です。(秋鹿山廃純米吟醸2003年放置一年以上45度)
 磯の香りがとっても心地よく、材料や作り方でもわかるようにとてもアッサリしています。汁物で飲めるお酒っていいですよね。これがプンプン系のお酒なら、磯の香りを楽しむなんて不可能です。
 汁も一杯分だし、お酒も100ml程度しかなかったので、欲求不満!

 冷蔵庫チルドルームをごそごそ…なんじゃ?この棒は?丸めてある保管袋を伸ばしてみると、いつぞや塩を振りすぎてビリビリ辛かった海老が冷凍保存してあるではないですか。ラッキー♪今度は失敗せまい。 (゚-゚)v
 取り出して見ると2匹。再びラッキー♪
 流水で解氷し、今度は塩を振りすぎないように…

 よし、今度は塩を変えて・・・雪塩だ。容器を傾ける、コロカラッ、コン。え゛、固まって出てこない。掛けすぎるどころか一粒も出てこない。(-_-;) 普段、息子はこれを使っているのだが、いつもどうやってかけているのか??
 ・・・なんか、ずっと前から減ってないような気もするし。まさかとは思うが、彼はかけたつもりで実は塩のかかってないものを、食べているのだろうか?
 いつも通り、カンホアの塩結晶タイプだ。前回は擦り込むようにして、大失敗だったから、今回はステーキ職人の如く、スナップを効かせて上から振ってみる。
 (゜Д゜)ヽ あっちゃ~ カキコンって・・みんな跳ね返ってしまったぞ。ダメだ。
 気を取り直して、粉末タイプで成功!

 次は串だが、これも前回は頭の方からさして難儀したが、考えてみれば尻尾の方から刺せば簡単だ。 こういう当たり前の発見が嬉しかったりする。
 あとは、焼き。焼きすぎて乾きすぎないよう、半生にはならないよう、海老の様子を観察しながら焼く。 でけた。

 お酒は、先日来飲んでいる竹鶴H13BY福富産雄町純米原酒を55度で。煮酒にしたいが風邪なので、煮酒パワーに圧倒されそうな気がして控えめに55度。
 今回は、海老の塩加減も良く、ビリビリしなかった。幸せなひと時。

 今日は、でもまだなんか足らない。きっと、仕事中に目の前で美味しそうに試飲している姿を見せ付けられたからだろう。
 日本酒は残り少ないし…焼酎って気分じゃないので、ザマッカラン18年をダブル。
 締めには良いね♪
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-30 11:31 | 初めてクッキング

かたい!

b0028347_10214215.jpgH15BYの日置桜の生もと純米サンプルです。
 H14BY…使用米:強力米、精米歩合70%
 H15BY…使用米:山田錦、精米歩合65%

 造り手、米、精米歩合どれも変わっています。

【きき酒】 色は上槽直後からあまり変わっていないだろうと思われる。上立ち香はかすかにしか感じない。強いて言えば大七の生もと純米の香りの薄いものってところでしょうか。
 口に含んだ瞬間に、鋭角的というか、線の細めの綺麗な酸を感じる。旨みは固く閉ざされている…ジュルッとやってはじめてその存在に気が付く。余韻にも同系の酸が残る。
○酒の綺麗さが目立つ
○山田錦65%、すべりよく雑味なし。

【お燗】 45度で。
 すこし柔らかくなり、米の旨みのかけらがみえる。燗冷ましではまた味は閉ざされる。

 出荷はいつの事になるのやら… (フゥ~
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-28 10:29 | 純米酒

プレゼントもらった

 書家SARENさんから頂いたものです。
b0028347_1344741.jpg

 懸賞とはプレゼントに全く運がありません、私。
 今回はアンケートに答えて、その答えがSARENさんの心をとらえた(?…そうだろうか本当に)人だけが、直筆で、こちらがリクエストした言葉を書いてもらえるというものでした。
 どんな、質問にどう答えたか・・・

 Q:好きな女性芸能人は?
 A:一緒にお酒飲んで楽しい人ならだれでも。
 
 因みに、好きな男性芸人は「Mr.オクレ」、好きな男性芸能人は「特になし」とお答えしました。

 いろいろ書家の方の文字を見ましたが、書女SARENさんの作品は一番わたしにピッタリくるものです。字を書くとき参考にしたり、気持ちを開放したい時によく見ています。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-27 13:53 | 一文字

ある意味「初めてクッキング」

 はじめて食べたおつまみです。
 妻が作ってくれたのですが、彼女もはじめて作ってみたそうです。

■湯通し刺身コンニャク梅肉和え

 【材料】
  刺身コンニャク一人前 …って人それぞれだよな、一人前は。
  梅干し           2個くらい使ってたかな?
  三河みりん 少々
  純米酒    適量
 【作り方】
  刺身コンニャクを、純米酒とみりんでさっと茹でる。湯通し程度だそうな。
  梅肉を和えておわり。

 ぱっと見た時は、「味あんのこれ?」って感じでしたが、食べてみるとこれがなかなか旨いんですよ。こんにゃくにほのかに味がついて(染み込む程でないのがまた良い)、梅肉がうまく仕上げています。
 お酒は、引き続き「清酒竹鶴H13BY福富産雄町純米原酒」でした。50度燗。
 熟した味が、このあっさりつまみにあうのかなぁ~って、酒の選択を迷いましたが、すごくOKでした。梅肉の味と、雄町の熟成酒は相性が良いようです。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-26 12:53 | 初めてクッキング

これが、特記する事かねぇ~

b0028347_959511.jpg「蒸米仕込み」って書いてあるのを見て、一瞬ではあったが「ほう、なんか新しい造り方か?」なんて思ってしまった自分が恥かしい。(*_*)
 そうだよなぁ~、大手では「融米仕込み」やら「米粉仕込み(米糠糖化仕込み)」がいまや主流みたいになっているものな。

 「蒸米仕込み」でググッてみたら、菊正宗のホームページでも説明が書いてあったぞ。ここでは、技術力があれば、融米仕込みでも米粉仕込みでも美味しいお酒も出来ると控えめに書いてあった。
 賢くて社会性のある人が文章をかけばこういう表現をするのかと、参考になる。

 ここのページの「生もと大学院」に、生もとについてわかりやすい説明があったので、一読されるのが良いでしょう。
 なかでも、「生もとで育った酵母は細胞膜が高アルコール下でも破れないので、酒質が綺麗になる」とあり、純米馬鹿杜氏の酒が綺麗なのが頷けました。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-25 10:10 | お酒全般

豚ばら肉辛子醤油焼き&たらの白子

b0028347_11392740.jpg土曜日の晩のつまみは「豚ばら肉辛子醤油焼き」でした。
 【材料】
  豚ばら肉 食いたいだけ
  はつかり醤油 肉がつかるだけ
  辛子 適量にしないと辛い
 【作り方】
  ばら肉を適当な大きさにスライス
  辛子をといた醤油に10分ほどつける ・・・ 長くなると味が濃くなるので注意
  焼く!          以上

 簡単だけど、実にうんまい!

 酒は、酒は・・・竹鶴H15BY雄町純米にごり酒
 55度のお燗です。
 お粥のような香りとアルコールの香り。コハク酸と思われる味わいがグググ~~~ンっと強くなり、旨みが増幅し始めます。甘さは無いのに旨みをしっかり感じます。心地良い酸味は下の両サイドから中心に向かって収束していく。
 肉を頬張り、酒を流し込めば・・・
 お酒の酸が、肉の味わいにスッととけこんでいき、お酒も肉も甘く感じます。
  こ、 こ、  こりゃあ~~    うめぇ~~~~~~~~ !!

 日曜日の夜 玉はんが白子料理したのを思い出し、そんならワシもやってみるかとスーパーへ。たらの白子、たらの白子とブツブツ言いながら鮮魚売り場へ。
 あるある。脳味噌みたいなグニュグニュしたものが。(牛の脳味噌食べた事ありますが、やはり似てましたよ)
 でも・・・国産がない!みると「アメリカ産」って書いてあります。こじ記のこじこじさんがNYではたらの内臓を見かけないっておっしゃってましたが・・・まさか、これ?そうなのかなぁ~??ひょっとしたらそうかも知れないので、こじこじさんが食べられない分をありがたくいただく事にする。
 玉さんにならって酒蒸にしてみる。そのあと焼いてみた。
 【材料】
   たらの白子 1パック
   清酒竹鶴H13BY福富産雄町原酒 ・・・ 開栓放置1年以上
   カンホアの塩粉末
   はつかり醤油
 【作り方】
   ナベにたらの白子がつかるくらいに清酒竹鶴H13BY福富産雄町純米を入れる。
   火にかけて、ええ加減あたたまったら、白子投入。
   なべに蓋してしばらく置く。(焦げ付いてはいけないので、短時間)
   ナベから白子を取り出し、アルミホイルを敷いた魚焼き網にのっけて焼く。
   表面が焼けたぞ~ってなったら、器に取り、塩を少しだけ、醤油を少量。  
でけた。簡単だ。

 飲む酒は料理に使った清酒竹鶴H13BY福富産雄町純米・・・開栓放置したものは「澱」ありなのだ!(注意:未開栓の売り物にはまだでていない)
 60度の煮酒にして、たらの白子といただく。ヒヒヒヒ うまくないわけない。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-24 12:03 | 初めてクッキング

もうおわかりでしょうが・・・昨日のお酒の正体

b0028347_1123068.jpg清酒「竹鶴」H12BY純米吟醸
 職業柄、はじめは「きき酒」しました。品温は10℃くらいだろうな。
 (+_+) あひゃ~ ダメダメ!
 この温度じゃ、このお酒の良さが全然出てこない。この温度では、なんか薄い熟成酒…こんな感じかのぉ~。
 『あまりに、あっけなく味が消えていく…。味の消え方は「丸くなったぞぉ~」って言っているが如くである。二年前の記憶よりも、酸が元気で「アディオス アミーゴ!」と言っている。…なんでその言葉やねん!って突っ込まれてもかえす言葉無し』

 たぶん、【評価を気取って】この酒を味見する(やつらはきき酒というが、100年早い!)輩は、この状態の時でしか酒をみる事が無いから、「おしくない!」などと抜かすんだろうな。まぁ、やつらがこのお酒に出会う事は無いだろうがね。

 話を戻す・・
 さぁ~~~~~て、いよいよお燗ですぞ。
 まずは、60度からだ。どうじゃ、竹鶴純吟君、気持ちよかろ?

 焼餅に黒糖つけたような香りです。あたたかな陽だまりの香りじゃ。(日光臭ちゃうぞ!イメージやからな)やっぱりこれじゃのぉ~♪隠れていた味わいがバランス良く出現。
 誰じゃい!澱があると味が汚きなる!なんていう奴は。全然違うぞ、むしろ繊細で、なめらかで・・・それでいて押しがある。澱バンザイヽ(^。^)ノだ!
 お燗ではじめて出現する味の突起。これが食べ物の旨みの突起にレゴブロックのようにかみあってくるのだ。(だから、イメージだって!)

 砂肝にあわせる。カンホアの塩(結晶タイプ)をふって強火で炙ったもの。

 肉の味、塩の味わいに酒の味がピタリ!ヽ(^o^)丿酒の味がよりマイルドに、そして甘さも増して感じられる。
 今度は、血の滴る生レバー+塩のみでやってみたいぞ。 ヾ(^-^;)

    しかし、砂肝・・・けっこう固い。歯治しててよかった。

 今度は【50度】 太字にしたのは、覚えておいて欲しいから。
 これだ!この温度だ!ジャスト燗!!! ここがうんまい!

 砂肝食っちまったから、おでんで飲む。飲む、飲む、飲む。飲む食う飲む食う。食う飲む食う。  ・・・・ありゃ?もう残りが・・・・・

 最近、日置桜の生もと純米といい、この酒といい・・なんか寸法が変だぞ!内容量が間違っている。きっとそうだ、少ねぇ!
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-21 11:29 | 純米酒

旨そうでしょ♪

b0028347_18134237.jpg表ラベルと裏ラベルの間辺りに見える、見える♪

 オリ~ おり~ 澱 ♪

 今晩、味みちゃおうかな!

 熟成によって出てくる「澱」だ。これが出てくると熟成酒は断然味が良くなってくる!煮酒にももちろん耐える。
 なかには「澱はきちんと引いた方が、味が汚くならなくて良い」という人がいますが、そりゃあんた「寂しいよ」!旨み成分の塊をとってしまっては…。そして、熟成を否定するような事しちゃ年月が虚無に思える。

 味みたら、また書こう!っと。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-20 18:20 | 純米酒

庭のアボカド

アボカド・・・放置プレイの味!?玉はんのブログを読んで、そういえばうちには別の意味での放置プレイのアボカド…akikoさん、アボカドですからね!…を思い出した。
 可哀想に忘れられている。
 うちのアボカドは「木」である。

 母が、アボカドの種をとってしばらく水耕栽培し、根を生やさせそれを庭に埋めた。埋めてすぐ忘れた。
 しばらくして(これが何年か後だったかも覚えていない・・・やはり忘れた)木になった。芽が出て成長してってんではなくて木になって気がついた。
 あ、ここに変な木が生えてる。←アボカドだっつうの。

 このアボカド、毎年毎年青々と大きな葉っぱをつける。結構な勢いで伸びる。
 しかぁ~し、いつまでも高さは同じ。それは…毎年、当地の寒さに耐え切れず、冬になると枯れてしまい、伸びた枝も、幹もほぼ枯れてしまうからだ。それでも、夏頃になると、また葉をつけ、元気な姿を見せる。
 そして、繰り返し枯れる。

 こいつ、すごい生命力をみせて元気を与えてくれる半面、同じ失敗を繰り返す学習能力のなさであきれさせてくれる。
 ま、住人に相応しい「元気なバカ」だ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-01-19 19:15 | 隙間


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB47~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧