<   2005年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

=辞=

 6月30日、本日をもって5年間勤めた、とある中小企業団体の「事務局」の任務が終わる事になりました。
 人件費にしては安すぎる費用をもらい、仕事としては「こんな事ぐらい自分でやれよクラス」の朝飯前仕事でした。前事務局を引き継ぐ格好で、仕事をしていましたが、引き継ぐ前の仕事内容は私がやっていた仕事内容よりも更に簡単、、、なんにもしてなかったに等しいものでした。(なのに、同じ金額…今年はそれより安かった私)
 何をやっていたのか・・・
①会員へのFAX文章作成 ・・・ テンプレートを作ったのでPCさえあれば誰でもできるのに。
②FAX送信作業 … 会員をグループに分けてFAXの機械に記憶させているので楽勝。
③郵便屋代行 … 郵便物受取だが、会の特定個人宛てに来た物など代行配達。
④FAX受信 … 特に公から送信される文章の受取だが、特定個人宛が多く、送信しなおし。
⑤祝電、弔電の手配
⑥書類管理 ・・・ いったい何時までとっておくんだ?こんなもの!なんてもの多し。
⑦相談役 … 初期の頃は会長の相談役でもあったが徐々にその役目はなくなった。
⑧会員の名簿管理 … 段々と、誰が入会者で、退会者なのかわけわかんなくなった。
               初めの頃はきちんと連絡が入ったが、後半は「誰?」って人が増えた。

 事務所の書類、書棚などの移転は既に終了。
 昨日は、移転後に「○○のFAX原稿は?」の問い合わせ。「移転しているから移転先で発掘してください」、、、、「CD見つかったけど、ファイルが開けない」、、、「あ、それはフォトショップで作成してあるからな…(新たに作っても知れているじゃんと心の叫び)」

 簡単な事務仕事ではあるが、今度は外部委託するらしい。俺と同じように便利に使えると思ったら大間違いだろう。
 

昨晩の一杯
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-30 09:43 | 一文字

川そそ祭 その2

 みんなが「鴨ミ」で盛り上がっているのに、一人うかうかしてはいられない。(⌒^⌒)b 

 農作業を一段落して(勝手に一段落)、川そそ祭までの二時間強、予定通り屋外で焼肉だぁ!
 農作業中に、火起しはできている模様。よくやってくれた、オナゴ衆よ。
 義理の妹Kちゃんは、バーベキューにしている。串に刺してウインナー、玉葱、トウモロコシ、グリーンアスパラ、ナス、牛肉などをコロコロして焼いている。
 こっちは、直に置いた炭をおこしブロック二段重ねに網を置き、同様のものを焼いている。
 (゜O゜)\(--; ォィォィ 二段は高すぎだろ・・・ 案の定焼けが悪く、一段へ変更。

 鶏肉も参入。ズリも参入・・・ カテェ~。
 豚バラ肉の串刺しも・・。

 長男は私の隣で、マイペースに食っている。長女と次男は並んで日陰で食ってます。その日陰の二人を狙って、ばぁさん猫の「宮」が忍び寄る。
 
 ガシャッ、パリ~ン、ミャア~
   【解説】
    ガシャッ:次男が皿を落とした
    パリ~ン:その皿が砕け散った
    ミャア~:宮の勝利の雄叫び(雌だが) 次男の食べている肉をまんまとせしめた模様。

 私は、あまりの日差しの強さに、初めは銀色缶ビールを水代わりに…だが、農作業で失われた水分はこんなもんじゃ補充不可能。おまけに焼肉して辛いたれで食ってるし、更に、火の傍で体中が火あぶり状態。
 降参して、水、水、水・・・三杯連続水のお代わり。サワサワと吹く風は涼風なのだが、日差しがすげぇ。
 日本酒「鷹勇H14BY特別純米」を用意してあるのに、まだ口にしていない。
 「あれ、飲まない?」の声に、「うん?今、天然日向燗を作ってるんだ」と応戦。体に水が行き渡るのを待って、割り水日向燗じゃ!
 爽快な酸が感じられる。水割りした時の特徴だ。  ヾ(@⌒¬⌒@)ノ ウマヒィ !

 グリーンアスパラ一本食い×3でアスパラギン酸摂取に努める。焼きピーマンで野菜不足を誤魔化す。。そう、キャベツ買い忘れ。orz

 お腹も一杯になりました。酔いもそこそこ訪れました。
 と、そこに・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・網に置かれるのはステーキ肉!ヤラレタ!!
 はじめに三流肉でお腹一杯にさせ、もう食えない状況を作り出し、真打を最後に登場させるオナゴ衆の見事な攻撃にやられてしまった。
 「食べないとなくなるよ!」
 「もう、食えん」         GIVE UP!

こんなものも食べました
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-28 09:58 | 純米酒

川そそ祭

b0028347_12575961.jpg 日曜日、定休日でした!(^O^)
 
 「今度の日曜日は、川そそ祭があるから若桜に上がるよ」
 「なんじゃその、川そそ祭って?」
 「田植が済んだ後に豊作を願う神事」
 「そんじゃ、その日は農作業ないん?」
 「神社にお参りに行って、各家々で、ごちそう食べる日だから多分ないよ、行く?」
 「そかそか、飲んで食べてりゃいいんなら、行く行く!」
 ってなもんで、ステージアの試運転も兼ねて、土曜の深夜に若桜町に向かう事になりました。さすが、人を乗せて走る為の車はカーブでぶれる事も無ければ、坂道でも加速できる!速いです。いつもより早く着きましたよ!
 朝・・・・・・ 
 お祭りだよね。静かだけど…。
 何時からなの?
 2時。           ・・・午後じゃん!
 それまで、時間がかなりあるな。  ・・・朝の6時です、今。
 田んぼの稗とりと、植え直しがあるから、それやって。  ・・・話違うじゃん!! \(`o'")

 そんな予定じゃなかったから短パンにTシャツで来ちゃってる。上着と帽子、タオルを借りていざ田んぼへ。
 ありゃりゃ、聞いてはいたが、今年は生育がよろしくないね。育っていない稲のところに元気よく育っている株を分けて、植え直す作業と同時進行で稗とりも開始。
 稗って、ほんと、小さい間はほとんど稲と見分けがつかない。よ~く見ると稲には白い髯みたいなのがある。でも、稗にはそれに似せたように白いラインがある。人間が稲作するようになって稗も抜かれないように稲に擬態したとしか思えない。
 約三時間の作業で、長靴から出ている膝小僧近辺と、腕まくりしている長袖の袖口と水に漬かっている手の先部分の間が、ヒリヒリするほどの日焼けになっちゃいました。 
                                       ( ; ̄ω ̄)ゞイタイ
 ここ何年も海にも行ってないから、こんな日焼けは久しぶりだ。
 ジジイだからしみに注意しなくては! (;゜ロ゜)ハッ

ほいで、その川そそ祭は・・・
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-27 13:36 | 隙間

別れました

 11年間連れ添ったのですが、お別れしました。

 要る物と要らない物を分けて・・・。お世話にもなりましたが、迷惑も被りました。波長の合う日もあれば、どんなに下手に出てご機嫌をとってもダメな日もありました。

 疲れましたよ…もう。ほとほと。
 出張から帰るともう、いなくなってました。
 
 酷使したのは事実ですが、私もがんばったんです。

 もう・・・だめだった。

 詳細はここに書いてある通り。。。

More
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-24 10:23 | 隙間

BOMB! (´・ω・`)

b0028347_19262081.jpg ありがたいね。出張が「父の日」に重なっても、ちゃんと用意されていたプレゼント。長男やるじゃん!俺の好きなものわかってるね~ ヽ( ´¬`)ノ ワ~イ !!

 「健康に気を付けてください」

 うむ、なかなか、心に染みる言葉だね。
 優しい心使いに感謝しながら、飲むとしよう…。

 お、そうそう。お酒の後ろに籠が写ってますが、これは懶人さんが下さった京和菓子です。見かけはチマキで、中はウイロウと羊羹の中間のような食感のもの。甘さが極めて極めてお上品で、私のようなオヤジが食べて良いのだろうか?と思えるような和菓子でした。

 トゥルンと和菓子を食べて…上品に何口かで食べれば良いものを、オヤジは一口でたいらげるのでありました・・・そして、かるく一杯を、、、、、、、

 ばしゅっ=33

 あがぁ~~~~~~っ!!
 メッセージを読み返し、悦に入っていたお陰で、いきなり開栓しちまったぁ~。(≡д≡) ガーン
あたり一面に、噴出したお酒が飛び散り、対面に座って興味深そうに見ていた次男の顔も直撃!床はそこいらじゅう飛沫が飛び散っている・・。

 なんだよ。
 晩酌前に、キッチンのお掃除になっちゃったよ。

More
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-23 19:42 | 純米酒

第16回蔵元交流会にて

b0028347_2135565.jpg 6月18日から20日まで大阪府箕面市の箕面観光ホテルで第16回蔵元交流会が開催されました。18日は幹事会。19日総会および講演会、20日講習会ってな日程。
 
 写真は、20日の講習会の模様。この時たまたま席をはずしていらっしゃいましたがkasumixさんが美味しいって感動されていた「石槌」の越智専務が私の一つおいてお隣でした。
 もちろん「知り合いが(知り合いって言っていいのかな?)、大変美味しかったと言ってましたよ」と伝えることは忘れませんでした。

 すぐ左隣は、いずみ橋の橋場さん、その左がさっきの越智さん、その左は早瀬浦の三宅さん、私の右は(写真手前のメモの持ち主)肥前蔵心の矢野さん、その右は酒屋さんの糸永さん、その右は大野さんでしたね。
 
 二日目の写真ですので、お酒は8種類が二本ずつ。それぞれ、常温、お燗できき酒して評価しました。このときは関西の蔵のお酒ばかりでした。自称「変態酒」ばかり。私にとっては別に変態でもなんでもなかったですけどね。4種類はかなり好きなお酒、まぁまぁが二種類、後の二種類は平凡でした。細かくは言わないけど。

 一日目は、さっき書いた蔵元のお酒がブラインドで並んでおり、彼らが聞いている前で、評価しました。私は、慣れているので「良いも悪いも」ズバズバ言いました。言われる方も、私がそういう言い方をするのをご存知なので全く遠慮なし。

 一日目、このテーブル席でのきき酒の前には、50種類(今年は、極端に少ない点数でじっくりきき酒できました)のきき酒。
 やはり、好みというのは何種類並んでようが変わらないもので「取り扱い」の酒は見事に良い点ばかり。他にも、3年前から目をつけている橋場さんのお酒も高得点。一点の地雷を除けば…。昨年に続き、同じ蔵で地雷を踏んでしまった私でした。 

地雷とは・・・
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-21 21:34 | 純米酒

秋 鹿 肉

b0028347_10491247.jpg 馬鹿なタイトルでごめんなさい。若桜町の蔵元「太田酒造場」さんからいただいた鹿肉の佃煮をつまみに晩酌いたしました。
 先日の血液検査で「あまりお肉は食べないように・・・」とお達しがありましたが、鹿肉は脂分が少ないし、煮込んであるので良としていただきました。(^^ゞ

 秋鹿を選んだのは、タイトル通り「お馬鹿な考え」です。鹿ってんだから、鹿肉に合わせよう!

■秋鹿 特別純米H15BYオール山田錦(精米歩合67%)「稲穂」1.8L 2039円

 仕事柄、まずは「きき酒」からです。
 多分、901号酵母なんですが、どこか7号のような香りで、緑の葉っぱ(ミント系かな?)を連想させる。アルコール度数が14~15度なのに、低さは感じられない。むしろ、これくらいの方がいいんじゃないかな?って思えるくらい。
 秋鹿全般の濃い味わいとは違い、淡い味が室温でいただくなら初夏~初秋にかけて爽やかさがあり良い感じです。唯一、濃く感じない「能勢福」より味わいに深みがある。
 よく、みると自家割り水した時のようなほんのわずかなすっぱい系の酸味も感じる。味切れは酸味を余韻に残しながら、徐々に消えていくという感じ。
 室温なら、ざる蕎麦が食いたい。
【お燗】 旨味、甘味が断然顔を出してきて酸味ととても良いバランスになります。完璧!
 ちょいと冷めてくると、芳ばしさも顔を出します。

 さて、完璧なバランスをみせるお燗のほうで(そうじゃなくても、お燗ですが)鹿肉の佃煮とあわせます・・・

 いやぁ~~~~~~~ 失敗です。佃煮の味しかしません。これは酒業界でいうところの「平行」です。あわさって素敵な味を作り出す=調和にはなりませんでした。

 そりゃそうかもねぇ・・・
 秋鹿の中でも淡い味わいの酒選んじゃったんだから。
 酒は旨いし、鹿肉も旨いのは間違いない。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-17 11:51 | 純米酒

ニート

 彼らの中には、これではいけないのではないかと気づきはじめている人もいる。だが、これではいけないどころか、そうであることにさえ…多分ニートって言葉も知らないだろう…気がついていない者もいる。
 私は、ニートがいけないのかどうかは明確には論じられない。なぜなら、ニートになったことがないから、その状況や気持ちが理解できないから。
 ・・・お酒も飲んでみないと、信用できない訳で。女性も付き合ってみなきゃわからないし・・。

 ある男がいる。仮に名前はN君としますね。

 N君、25歳。一度は定職についたが、半年あまりで退社。その後は、今に至るまでバイト生活。バイト生活と言っても、田舎ですから、高額なバイトも無い。おまけに生来の怠け者なのか(?)時間はたっぷりあるにもかかわらず、短時間のバイトしかしない。
 家は裕福ではなさそうだ。聞くところによれば長男らしい。
 
 人それぞれの人生だから、彼が楽しいように過ごすのは、かまやしない。それどころかその精神構造には羨望も向けたくなるくらいである。
 
 そんなN君とたまたまある人を介してお話する機会を得ました。
 「ご両親はお元気なのですか?」
 「いえ、母しかいません」
 「それは、大変ですね。今後はお母様の面倒も見てあげないといけないんですね」
 「・・・・・」  ← 私の言ったことが全く理解できない様子。なんじゃこいつ!
 「今は、どういう生活をしているのですか?」
 「アルバイトです。夕方に」
 「それ以外の時間は?」
 「今は、畑仕事を午前中しています」
 「じゃ、冬は?」
 「え、あの・・・夜が遅いんで、寝ています」
 「バイトは夕方だったよね」
 「え、ええまぁ」
 「バイトだけじゃ食えないでしょ?」
 「あ、はい。そのうちちゃんとした仕事したいと・・・」
 「ちゃんとした仕事?じゃ、バイトはちゃんとしていない、やばい仕事なの?」
 「いえ、普通の・・」
 「あ、職につきたいってことね。で、どんな?」
 「コンピューター関係の仕事をちょっと」 ← ちょっとってなんやねん?
 「そうかぁ、結構難しいんじゃない?大学に行きなおすの?」
 「あ、いえ、あの・・・高卒です」
 「あぁ、これから大学に行くんだ、えらいね」
 「いえ・・」
 「だって、大卒だって就職難しいのに・・・。特殊な免許みたいなものでも持ってるの?」
 「・・・・なにも」
 「就職の為に勉強してるの?専門的なことから一般常識までさぁ」
 「本は持ってますが、していません」
 「それで、なんとかなるの?」
 「同級生もやってる仕事だし・・・」
 「それと、君が就職するのとは全く別問題でしょうよ!」
 「・・・できると思いますが」 ← こやつ、自分が天才か何かと勘違いしてやがる!
 「あ、そう・・・かなりがんばんないとね」

 これで、別れましたが、後日、出くわして聞いてみると、まだ何もやっていないそうです。
   あぁ、神様、彼を救いたまえ・・ ( * ̄)m 〔十〕 アーメン
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-15 12:53 | 負け犬の遠吠え

燃える男の・・・♪

b0028347_1153618.jpg 「風に逆らう俺の気持ちを知っているのか赤いトラクター 燃える男の赤いトラクターそれがお前だぜ」(song by Akira Kobayashi)
 決まってるでしょ!青空に栄えるこの勇姿。晴天の中、田んぼの畦の草刈です。
 朝8時から作業開始。途中お昼ご飯の休憩はいれましたが、6時間ぶっ続け!(午前中4時間、午後2時間)4反ほどの田んぼの畦はきれいに坊主頭となりました。
 

 今回は、お義父さんは別の田んぼでイノシシよけの柵を作ってましたので、ぽつんと私一人の作業でした。朝早い時間は近くの田んぼにも草刈の人がいましたが途中からは周りを見渡しても本当に一人・・・
 どうやら後で聞くと「暑い日中に草刈なんか普通しない」だと。 orz

 この草刈機、年季が入っていて、機嫌をとりながらの作業でした。ま、初めに停まったのはガス欠だったのですが、その後は、スパークプラグがはずれたり、スターターが空回りしたり、草刈部分の紐がでてこなかったり(円盤がまわるものでなく、紐を高速回転させて草を切る)・・・。一人だから仕方ない、初めて手にする機械をあっちこちいじってなんとか。 orz Part2


当然、あそこにも行きました
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-13 11:25 | 隙間

よーかん

■新潟県上越市安塚町安塚553の2
  電話 02559-2-2077
 
  花之屋菓子店     直峰羊羹

b0028347_8571044.jpgとある御仁からのいただきものでございます。
 過日、次男に「虎屋の羊羹、一本食べたい」とねだられましたが、「一本もたべちゃだめ!」ヾ(`◇')ダメッ!って却下したことを、虎屋の羊羹を下さった方に伝えました。すると、荷物が。「手紙が入ってます」の注意書きあり。
 「M○君に、一本食っても大丈夫なようかん届けます・・・・中略・・・・虎屋より甘味は少ないですが豆の味を感じます」

 (^人^)感謝♪ 

 小豆餡は確かに、甘さ控えめで一本どころか、もっといけそう。(≡ ̄ー ̄≡)
 白餡は小豆餡より少し甘く、味がはっきりしている。白餡はグレンダラン(シングルモルト)で食べちゃいました。ウマカッタ♪

ちゃんと、次男も食べました。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-06-11 09:21 | 隙間


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB47~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧