<   2005年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧

初物!

平成17酒造年度の新酒第一弾が入荷しました。

 鷹勇H17BY純米にごり活性生原酒です。

b0028347_1344397.jpg 試飲用ですから720mlをあけました。にごり酒の試飲は、「上澄み」「上澄み燗」「にごり」「にごり燗」と4通りする事になりますので、減りは多い…。
 
【上澄み】生臭というより、モロミっぽい香りです。活性にごりですからガスがチリチリとしますぞ。口中香にも生臭がない。いいね♪
 搾りたて生酒にありがちな、上っ面だけの味わいじゃないぞよ。やるね。ちゃんと味の深さがあります。

【上澄み燗】ナハハ…(´~`ヾ) ポリポリ・・・ 生の香りでちゃいました。それに渋い。アルコールの刺激と、ガスの刺激が現れる。こりゃ、苦手だよ、オレ。

【にごり】米の粒々が見えますよ。ほのかな甘さがエエ感じ♪上澄みほどガスは舌を刺激しない。舌触りも良好です。わずかに渋さを感じますが、爽快なにごり酒でござんす。

【にごり燗】お餅系の香りに変化。これが一番心地よい!(⌒^⌒)b うん 味わいが濃厚に感じられるぞい。サラサラ系からがっちり系の酒へ変身。味幅も一段と感じられる。旨味たっぷりだが、辛口に振れる。

こんな姿に…
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-31 13:05 | 純米酒

体が求める

 晩酌をアップしてませんが、してますよ、毎晩。

 新商品(勇翔H16BY無濾過火入れ原酒)の味見もしました。そして、晩酌としてもはじめの一杯はこれを飲んでます。
 ただ、体力限界に近づいてきており・・・えぇ、えぇ年ですから。( ̄ε=‥=з ̄) ・・・1年経ったくらいでは、体にしんどいです。酒の若さに体がついていきません。

 疲労回復した後なら、なんてことないのでしょうけど。

 で、そんな時は、古酒です。
 他にも熟成したお酒を飲んでみるのですが、2年位じゃ若さに体が負けます・・・
 結局、選んで二杯目、三杯目も飲むのは【旭菊H5BY純米古酒】。
b0028347_1212588.jpg つまみも体に優しいもの。
 ふろふき大根と湯豆腐。
 大根に乗ってるのは、練り雲丹です。向こうに見えるのが、この雲丹の入っている木箱。
 豆腐に乗っているのは、味噌。味噌に、みりんとこーれーぐすを混ぜたもの。

 一杯目の勇翔H16BY無濾過火入れ原酒と雲丹はまことに相性が良く、お互いを補完しあって新たな旨味を引き出してくれる。
 だけど・・・若さに負ける、我が体。

 二杯目からは、旭菊H5BY古酒に切り替え。
 勇翔のほうが味わい的には楽しいが、、、、古酒だと酒が勝ちすぎる、、、体が求める古酒なのよ。
 (´▽`) ホッ しみわたる~~~~~~
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-30 12:28 | 負け犬の遠吠え

迎春ポスター

 迎春ポスター頼まれました。
 戌年ってことで・・・・・・・・・・・・・・・・でけたっ!

b0028347_1464882.jpg

[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-28 14:06 | 一文字

御神酒

 とある住宅販売会社から「御神酒」の注文がきました。
 1月3日~9日に行なう“新春イベント”で御神酒を配りたいので、安くて見栄えの良い御神酒を20本用意してくれないかとの事。
 ( ̄(エ) ̄)ゞ クマッタナ・・ 
 「20本」なんて半端な数だし、県外蔵元の出荷はもうあやしい状態だし。
 ここは、県内の近隣の蔵元に聞いてみるのがよかろう!
「あのぉ、御神酒って特別ありますか?」
「普通の300ml入の上撰を《寿》の印刷してある箱に入れるくらいしか…」他一軒も同じ。
 予想はしていましたが、これじゃつまらん。( ̄‥ ̄)=3 フン

 「御神酒として特別にはないですが、“今流行り”の純米カップ酒を御神酒代わりに配ったら喜んでもらえるのでは?」とご提案。
 相手の所長さんはお若い方(30代)なので、即OK! なかなか理解あるね♪

 ただ、ラッピングするだけじゃつまらないので、ちゃんと「御神酒」にしておきました。

b0028347_1023863.jpg

 「御神酒」の文字の下には、ちゃんとこの会社のマークも入れてね。(ё。-)・・☆うふ
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-27 10:04 | 純米酒

Xmasプレゼント第二弾

 練り雲丹だぜ!>ナルミン
b0028347_1137426.jpg まずはじめに…あっきさん、昨日は一番手っ取り早い食べ方にしちゃいました。タコに絡めての唐揚げはまた今度にします。m(__)m
 かまぼこは、前記事の薩摩揚げといっしょに送られてきたものです。この練り雲丹は、福井県産で、なんでも幕府御用達のものだったらしいです。由緒正しいことを物語るかのように、木箱入りですぞ。瓶入りは見かけますが、木箱入なんてなかなかお目にかかりません。雲丹の原産地は「福井県」と「鳥取県」みたいです。おぉ、こんなところで活躍している郷土の雲丹!すこし誇らしい気分です。

 またしても、長男が一口食べにやってきました。
 「一個ちょうだい」   … どうしよう、量も少ないのに。
 「ま、ええわ」
 妻「どっちがいい?」 … どういうことだ?2種類入ってたのか?
 長男「えぇ?違うかぁ~?」 … おれもそれは聞きたい。
 妻「量の多い方がいい?(確かに写真手前は量が多い)
 長男「多い方がいいけど、、、なにか違う?」
 妻「食べてみればわかる。どっち?」 ・・・ いったい何なんだ?
 長男「こっちの少ないのでいいや」 … おお、心優しい長男。
 妻「あたり!」 … なんのこっちゃ?

 というわけで、私も量の多いほうから食べてみました。( ̄ー ̄?).....??アレ??
 こいつは、梅干じゃ~~~~~ やられた。 <(; ^ ー^) マイッタマイッタ...

 仕切りなおして、本物練り雲丹サンドをいただくとしよう♪
 「うっ、、、、、うまいよ、これ!」 地元にある瓶入「練り雲丹」もうまいけれど、こんなに洗練された感じじゃない。もっと、味も塩気も強くて、ゲッホゲホと咳でも出そうな感じだが、これは違うぞ、上品なんだ。きっと、雲丹のなかでも良い部分しか使ってないんだろうな。さしずめ雲丹の雫酒ってところだろうか。

 あわせたお酒は【鯉川H16BY純米吟醸五百万石50%】。上品な雲丹の味わいに、可憐なお酒を合わせて正解でした。ただし、地元産の瓶入の場合は、このお酒ではないほうが良さそうです。
 

試飲もしました。
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-25 12:02 | お酒全般

Xmasプレゼント第一弾

b0028347_9262614.jpg 鹿児島県の名産、「薩摩揚げ」です。昨日、クールペリカン便にて届きました。
 すこし、網で焼いて食べるのも好きですが、今回は「お召し上がり方」に書いてある通り、そのまま食べます。
 お醤油も、薩摩揚げに敬意を払い、鹿児島の「甘口醤油」に。宮崎の宮田本店(日南娘という焼酎を造っていますが、もともと醤油屋さん)の甘口醤油もありましたが、やはり鹿児島には鹿児島でということで。
 薩摩揚げの甘さと醤油の甘さが、、、ひつこいかな?
 いーえ、そんなことはありません。程よく甘い!
(= ̄▽ ̄=)V
 合わせたお酒は、やはり鹿児島にこだわってみました。開栓放置の焼酎はごろごろあります。宮崎が比較的多いなか、ありましたよ、鹿児島産が。
●大正の一滴(国分酒造協業組合)
 お湯割で。黒麹のわりに、甘さも感じられました。ここの蔵のものでは、薩摩揚げには「さつま国分」の方がよく合うかもしれません。
●甑州
 お湯割。ストレートも美味しいですが、お湯割すると、芳ばしさが感じられ、この甘さのある「薩摩揚げ」にはピッタリです。

 これで、やめないのが酒飲みですのぉ…
●三井の寿豊醸美田
 もちろん、お燗。あつ~~くしました。(部屋が寒いので、すぐに飲める温度になる)あら、ヤダ(本当はうれしい)、焼酎よりこの方が旨いじゃん!…異論不要。私の感覚。

 今晩予定の【第二弾】が楽しみじゃわい。 ( ̄ー+ ̄)
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-24 09:49 | お酒全般

体力勝負です

 昨晩から降り出しました、雪。
 雪深いところで育った妻と【雪かき】の方法を相談。
 「溝に落とすか?」
 「いや、氷点下に下がるから、流れなくなるといけないし、続くみたいだから」
 「そうかぁ、じゃあ積むか」
b0028347_11295383.jpg
 店の入り口から撮影。
 左が雪かき前、右が雪かき後。
 駐車場の左右に雪を積みました。開店30分前からやりましたが、予定を10分オーバーです。
b0028347_11313547.jpg
 さっそく、積んだ雪(一部)で、登園前にひと遊びの次男。


 そして、二時間後…
b0028347_11324244.jpg
 やめじゃ、やめ!(w_-; ウゥ・・
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-22 11:34 | 負け犬の遠吠え

たったの105円で問題解決

b0028347_19575842.jpg
 定休日に、「100円ショップ」について行きました。
 湯煎はストーブに鍋で落ち着いていましたが、ストーブが小さいので、鍋の取っ手がストーブからはみ出します。次男が起きていると、これにぶつかってお湯をこぼしやしないかと、気が気ではなかったんです。で、なんかいい物ないかなぁ~って思ってました。
 これ、釜飯用の器です。(よね?)直火もOKだったので、即買いました。これなら、ストーブから降ろしても、お湯が冷めるのもゆっくりだし、たったの105円で良い買い物したかなって思ってます。
b0028347_2023884.jpg おぼろ豆腐に、せせり。
 おぼろ豆腐にはカンホアの塩と、オリーブオイル。
 ・・・のこり半分は、杜の蔵麹ドレッシングでいただきました。

 お酒は【鷹勇H15BY山廃純米60%・7号無濾過生原酒】のストーブ部屋の刑に処したもの。期待通り、熟成が生老ねに勝ってきましたぞ。
 (; -y-)ツ)) クチャイ 生老ねを気にすることなく、美味しくいただけました。 ( ̄▽ ̄)b グッ!
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-21 20:06 | 純米酒

肉・肉・肉・・締めはチョコレート

b0028347_2103890.jpg 謝肉祭の始まりです。
 まずは、日曜日の夜・・・
 鹿肉の煮物。
 合わせたお酒はもちろん【旭菊H5BY純米原酒】です。煮物は少し、味が薄かったので、カンホアの塩で味を足しました。
 カンホアの塩は便利ですよ~。塩辛さだけじゃなくて、旨味をしっかり足算してくれますからねぇ。
 野生の鹿の肉ですから、歯ごたえ充分。前にも書きましたが、やはり肉は筋肉がうまいです。病気みたいな「霜降り」、肉が口の中で融けるなんておかしな話で、ガジガジ噛んで旨味が染み出すのがウマイと思います。
 脂はまとわりつかないから、日本酒の旨さもストレートに伝わりますぞ!
b0028347_2182728.jpg
 月曜日(定休日)の【お昼ご飯】です。なんで、昼間から鍋かと申しますと、夜に出かける用事があるのでこの鍋が食べられなくなるのは悔しいので、強引な方法をとりました。
 入っている肉は…合鴨(見えてますね)そして、猪の肉です。これがさ、ちゃんと処理してある肉じゃなくて、ゴロンと塊をもらったんです。部位は骨の感じからして「あばら近辺」ではないかと思われます。
 調理は、まず肉を包丁で削ぎ落とすことから・・
 「うへっ、猪の毛もまだついてるじゃない。」
 まるで、石のナイフで削ぎ落とす【原始人】のような気分でした。

 右の写真は、残った骨付き肉を焼いてみました。

 鍋を煮ていると、台所は野生の香りに包まれる。(; -y-)ツ)) チョット クチャイ
 「ご近所の人は、何食ってんだと思うだろうな」
 お味は…
 味がどうのこうのという前に、硬い!顎が挫けそうなほど硬いです。噛むのに疲れます。しかし、良い【野生肉】の味わいです。これまた筋肉って感じ。合鴨は、ちょっと煮過ぎて、脂が汁にとられてしまいました。と、いうことはこれまた、やや硬い。
 真昼間でしたので、サッポロ黒ラベル350ml缶を1本だけ飲みながら、最後にしっかり雑炊までして食べました。鍋、これでも二人分。(多い?)

 骨付き肉は…肉がついているように見えましたが、ただの【骨焼き】でした。食えません。orz
ま、上手に肉を削ぎ落としたってことでOKかな。

そして、夜は・・・
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-20 21:42 | お酒全般

お歳暮頂きました♪

 妻のお姉さんからお歳暮いただきました。ワーイ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ワーイ
 「適当に、飲みたいお酒飲んどいて!」という実に素晴らしい、気の利いたお歳暮です!!

閑話休題…
 この晩は、居酒屋寒で忘年会があったのである。
 電話で美味しそうな肴のご報告、お酒のご報告散々聞かせていただきました。仕事中からもう晩酌モードに突入してしまいました。・・・悪魔の囁きでしたよ、まったく。
 お誘いくださいましたが、生憎の降雪で、飛行機が飛ばず、お伺いする事ができなく、大変残念に思います。

 うー飲 む ど~~~~~~~!!!
b0028347_12162539.jpg これが、頂いた(勝手にチョイスした)お酒です。

 旭菊H5BY純米無濾過原酒
 山田錦、麗峰(精米歩合55%) 杜氏:田中元信
 貯蔵場所:八女のトンネル

 原酒なのに、熟成しているお陰でまろやかでアルコールをあまり感じません。当然「オリ」も出てきています。もちろん、しっかり振ってオリを混ぜ込んでからお燗です。味の複雑さが、なんとも幸せ~~~~!これなら「居酒屋寒」のお酒にも負けないかしら?

 「(* ̄o ̄)ゝオーイ!! 旨いから、飲んでみない?」
  ・・・前日、飲みすぎて(少しだったが弱いので)遠巻きに見ている妻に声をかける。

 「んじゃ、ちょっとだけ」
 「おいしい!やっぱり違うなぁ」
  ・・・おんや、のってきたね。
b0028347_122648.jpg
 左は雪道さんから、これまたお歳暮で頂いた「極上漬」です。昨晩は「鰆」「帆立」をオーブンで焼きました。ちょっと甘いけど「こーれーぐす」をちょいとふりかけて食べればウマイじゃない♪
 ちょっと感じる甘さが、これまた古酒の甘さと旨味によ~あいますわっ。
 右は、「鶏せせり焼き」です。
 がっしりした古酒には肉!もええのぉ~。  ・・・ でも、鶏ガラをちと思い出す。( ̄□||||!!

 ちょっとだけといってた妻も、顔を真っ赤にして、自分で注いでます。
 うまいだろっ!
 
[PR]
by kanzakerakuen | 2005-12-18 12:34 | 純米酒


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

お気に入りブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB47~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧