<   2006年 10月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ねばっと、そしてグチャグチャ

 女子まぐのおつまみ、食べてみようと「おくら」と「とろけるチーズ」は数日前から買ってある。「今日こそ食べてみるべ!」と昨晩の晩酌のつまみに決定してたのは「おくらのチーズ和え」。
b0028347_8471330.jpg 女子まぐを見ていただければ、作り方はわかるのだが、簡単なのでここにも。
 1.おくらを洗って、塩をふって転がして毛を取る。そして刻む。
 2.マヨネーズをお好みの量かける。
 3.とろけるチーズをのっけてレンジで1分。

 と、記憶して作った。
 チーズがのっかっているので、普通のおくらよりもっと粘って良い感じ♪でも・・・「なんだか、味が不足している」という訳で、お約束ともいえる醤油を垂らしてみた。
 すると…
 「あ~ん、醤油垂らしたら、いつもの味じゃん」 なんだか、損した気分。
 それなら、納豆も加えて(本当は山芋のあれば加えたかった)おくらねばねば+チーズねばねば+納豆ねばねばの【ねばねば三重奏】だ!
 味は、チーズがいまいち主張しない以外は想像どおりだったけど、見た目がもうなんだかわけがわかりません。とにかく「ぐちゃぐちゃ1号」(写真右)ができた。ぐちゃぐちゃ1号なんて言ってる時点でもう、終わってるね、このつまみは。(-_-;)

 失敗の原因は…「2」のマヨネーズをかける時、塩コショーもするのであった。どおりで物足らなかったわけだよ。確かに、塩、胡椒が効いていたらもっとチーズをサポートしたに違いない。
今回失敗はしたけど、【納豆のチーズ和え】もいけるんじゃないかい?という、どうなるかわからない収穫(?)もあった。
 
 お酒は鷹勇H16BY辛口純米生貯無濾過原酒だったが、口の中グチャグチャだったせいか、合わない。なんだかお酒が苦く感じてしまう。
 結論、端正なお酒に「ぐちゃぐちゃ1号」には合わせないほうが良い。
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-31 09:08 | 初めてクッキング

残念だったが、希望あり

b0028347_14324580.jpg 年甲斐も無くと言いましょうか、17年ぶりに「大会」と言われるものに出場です。
 「第20回ふくべらっきょう花マラソン」
 無理を言って、義理の妹に子供たちと一緒に「ウォーキングの部」に参加してもらう。だって、今日は定休日じゃないんだもの。(>_<) 写真はレース前にゴールを背にする長女と義理の妹。次男はどこか遊びに行ってる。

 ウォームアップしながら、他の参加者の足を観察。鍛えている足はすぐに見分けがつく。旨そうな足なんですね、鍛えてある足っていうのは。足首はもちろんの事、膝もキュッと細くなっている。そして、走りこみ距離が充分な人は、足に毛が無いのだ。あっても疎ら。これは、トレーニングパンツやタイツにしても丈の長いものをはいて練習すると毛がすれてなくなるからである。また、夏季トレーニングバッチリな人は、当然足も日焼けしている。
 
 時計の故障で予定より15分遅れてのスタートは午前10時30分。練習や経験が浅い人間がやらかしてしまう、スタート直後のスピードアップは自重したものの、自分のペースを作るほど練習していないので、調子に任せて、いったいどこまでスピードを上げてよいやら。いったい、どの辺りのスピードを維持してよいやら…。
 結果、やはりオーバーペースだったようだ。
 前半のランを終えるあたりから上り坂になるのだが、ここで一気にペースが上がらなくなる。それまで何とも無かった呼吸まで乱れる。手頃な先行ランナーを追っかけてみるが、後何キロあるかわからない状況で、その速いとも思えないスピードで自分がもつかどうかわからない・・・。
 どうする俺…。
 
 え~~~い、こうなったら、休憩だぁ~~~~。破れかぶれ!(良い子の皆さんは真似をしてはいけません)ペースダウンしたまま走ってもしんどいだけだ。そんなペースは歩いているのと変わらん!
 決定!ランは一時中断して、休憩。
 暫したたずみ、体操。そして、時間を決めて(1分間だけと決めて)歩いた。抜いていった人達にドンドン抜き返される。(-_-;)
 はい、一分。
 再び、走り始める。走り始めると、休憩前のペースが嘘のように、良い感じのペースになる。抜き返された人を再び抜く。

 なんと、これを五回もやった。
 10キロ走りきる体力、実力がまだついていなかった…。何度も抜き、抜き返した人達はきっと「変な走り方する奴だなぁ~」って思ったに違いない。ゴメンネ。

 筋力も限界に近付き、体全体で前進するのが困難になってきた。こうなれば、キック力のみに頼る走法しか今の自分にはない。いわゆるストライド走法なのだが、疲労しているで上下動も加わる酷い走り方。

 後3キロの看板。おい、まだ3キロあんのかよ・・・。
 後1キロの看板。今の自分にはここでスパートは無理。

 写真の場所あたりに戻ってきた!やった、もう少し!登り坂はあるが、この距離ならもつだろう・・スパートっ!三人抜いたね♪ゴールだ・・・
||||||||||||||(* ̄ロ ̄)ガーン|||||||||||||||| まだ、なのね。がっくりスピードの落ちる俺。抜いた三人にまた抜き返される。こればっかりやっている今日のレース。先にウォークから帰っている子供たちの前を走り抜けてのゴールだが、抜き去ってのゴールインじゃないので、ちょっとかっちょ悪い。
 ちぎれそうな、フクラハギ、よく最後までもってくれたもんだ。

結果
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-29 15:13 | 負け犬の遠吠え

あごずり

 顎関節症気味の煮酒です。
 時に、コキッ!と顎(耳の辺り)が鳴り、激痛が走ることがあります。一瞬なので我慢できますが、これがあと数秒続けば、悲鳴をあげそうです。
b0028347_9592990.jpg 飛び魚の刺身。実際は、大根のツマとキュウリの方が量が断然多かったです。母の差し入れ。「年寄りには1パックの飛び魚は多すぎる」と本音なのか、気を使わせないように嘘言っているのかわからない理由で作ってくれた。♪サンキュッ (v^-^v)♪
 新鮮なんだが・・・
 口中、違和感。「ヒレの骨が残ってる…」まぁね、年寄りが作ったんだから、目も悪くなってるだろうし。しゃーないね。でも、おじいちゃん(父)もこれ食べたんだよな、大丈夫だったのか?

 お酒は、爽やかに【鷹勇H16BY辛口純米無濾過生貯原酒】を50度で。
 ここ数日に飲んだお酒とは違って、吟味がある。でも、ひつこいわけじゃないから、何杯も飲めてしまう・・・ヤバイ。

 飛び魚はすぐに食いつくしました。
 長女のリクエストで買った鶏の砂肝が、残っていたようなので焼いていただきました。串刺しにして、焼鳥屋さん風♪
 歯ごたえが大好き、味も大好き砂肝。ゆっくり噛み締め、努めてチビチビ飲んで、次の一本に手を伸ばす。( ̄ー ̄?) オヤ、あんたも食べていたのね… 焼酎片手に妻もいた。
 締めにティーチャーズ。
【参考】 飛び魚=あご、砂肝=ずり
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-27 10:18 | 純米酒

3週間分のつまみを一晩でたいらげた日

 「なんだチミハ?」と昨日、突然訪問してきたエビラン。今調理するわけにはいかないからと、再び箱の中に戻ってもらうが、仕事の間中「早く、してん♪」とガサゴソ動き回っている。気になるので、冷蔵庫へ。(寒くなって大人しくなるだろう・・)
 
 「ありがとうございましたぁ~」 商品前だしの為に、冷蔵庫へ入る。(たまには、稀には、極めて稀には来店客あり)
 「なんだチミハ!」 エビラン、ふたを飛ばしてその雄姿を見せ付けている。
 「およびじゃない」 パコッとふたされ、哀れエビラン・・。

 ・・・早く仕事終われ。
b0028347_11111532.jpg やっぱりエビランは刺身だよね。今、刺身にしてやるから、ちょっと涼んでナッ!氷水に入浴していただき、包丁を研ぎ終わるのをお待ちいただく。
 「君たち、殻が硬くて痛いのね」(知らなかったのかとエビランに舐めた目で見られる)「そんな目をしていられるのも今のうちさ…」川 ̄ι ̄川フフフ

 硬かったが、もっと包丁が切れれば簡単にできちゃいますね、エビラン刺身。
 
 一匹、二匹、三匹♪ もちろん家族全員で、寄って集って貪り食いました。(写真は、既にチビ二人が食べた後) 「プリプリしてて美味しいね~」と顔を合わせて何度叫んだ事でしょう。おそらくお隣のリッチな病院の先生一家は「あら、また貧乏人があんなもので喜んでいるわ。ちょっとしたことが嬉しいって幸せかもね」って思ってることでしょう、聞こえてたら。
 これって、多分、私が三週間毎日晩酌のおつまみをスーパーに買い行くお金を貯金してやっと買える位じゃないかなぁ。

 頭や殻はしっかり冷凍庫へ。これで、今度は汁作んなきゃね♪もったいないから、最後に殻も焼いてバリバリ食ったろか・・。

 お酒は、迷いましたが「竹鶴生もとH17BY蔵付酵母生サンプル」を燗で。ちょっと生老ね香でてましたが、オイチクいただきました。

おまけ
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-26 11:35 | 初めてクッキング

植物性だよな

 晩酌を休めば体重が減る→壊れた膝の負担が軽くなる→多少なりとも回復が早くなる→日曜日に控えた健康マラソンの成績が良くなる→祝杯をあげなければならない=晩酌をする→結局晩酌するなら今日も呑む。
 よし、呑もう!
 
 それでも、低カロリーと、野菜系という命題は課すことにする。中性脂肪が減るという蒟蒻をひと品に決定。
 日曜日にテレビで、蒟蒻の色はヒジキなどでわざわざ着色してあると聞き、驚いた。白い蒟蒻もあるんだ…。この辺ではとんと見かけない。「白い・・・」って言うと、「白い恋人」ってチョコレートを思い出すが、それと蒟蒻が頭の中で交錯するとなんか変だぞ。白い恋人が蒟蒻だぞ・・(シモネタ カヨッ!)
b0028347_8585968.jpg 蒟蒻を油で炒めて、唐辛子と絡めて食べるのも好きだが、ここは油を控えて【蒟蒻田楽】に。田楽も一品ではつまらないので、【厚揚げ田楽】も投入!・・・油、控えるんじゃなかったのか?なのに厚揚げかよ?との外野の声には「湯引きしたからいいんだ」と逃げ腰で答えておく。厚揚げ田楽は、湯引きしてその後で焼く。
 ついでに、と思っていた厚揚げ田楽が蒟蒻田楽よりずっと旨かった…。厚揚げの「健康的」料理大募集!

 お酒は、、、、小笹屋竹鶴H16BY生もと純米原酒6号酵母。一本目の残りが少ないので、これなら晩酌量も減るだろという、貧乏人ならでは発想。
 果たして、このパワフルなお酒が、田楽に合うのか?
 ご心配には及びませんでした。やっぱりちゃいますなぁ~、生もと。懐が深いっていいますの?ガッツリ料理じゃなくても、優しく受けとめてくれるのぉ。

 ( ̄_ ̄ i) なんか、物足らない。お酒一合弱。おつまみは結構量があったのでもういいが、お酒が明らかに不足。
 どこの製品か忘れてしまった梅酒のサンプルを飲む。甘い。おそらく仕入れていないだろう、この甘さ。。
 梅酒一合弱、強い甘さに飲酒願望失せる。寝るべ・・。

 一旦布団に入り、湿布を貼り替えていないことに気付き、また起き上がる。見た目の割に生真面目オヤジの夜は更けた。

突然の訪問者
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-25 09:18 | 純米酒

健康的なつまみを・・・

 桔梗屋さんの燗酒の会で、お隣だったおねぇさんに「酢の物とかそういうのも、ブログに載せてそれに合うお酒も書かなきゃ!」ってご指摘をうけまして…。
 酢の物かぁ・・。
 具、酢、砂糖、醤油・・これで作れるんだっけ?
 
 メインがあって、酢の物もあるのはワクワクするが、メインが酢の物、、、特に野菜の酢の物だと、なんだかなぁ。タコの酢の物ならOKかな。今度やってみよう。

 野菜中心のつまみも未だ達成されず。こ、今夜こそ・・・と、夜のスーパーに【行く前に】作戦を立てる。エライ!まぐまぐ「女子まぐまぐ」で簡単メニューを見てみる。
●オクラチーズ和え 旨そうだし、手間もかからない♪これいっちゃうか?
●ピーマンの塩昆布和え 食感がよさそう!これかな?

 緑の野菜で健康体!いいね♪
 とか思いながら、、、、
 スーパーにて。
 腹減ってきた、オクラじゃ食った気がしない。
 塩昆布、こりゃ化学調味料の固まりじゃん、食えんぞ。
b0028347_943591.jpg 結局、買ったものは「豆腐一丁」「椎茸」「舞茸」の三品。当初の計画にかすりもしないものを購入している自分。
 腹へって、我慢できず、豆腐なんて冷奴で食べました。丸ごと一丁!
 冷蔵庫に新鮮なキスがいたので、それは塩焼、同じ網で同時に椎茸も焼く。舞茸は、、、野菜室に仕舞った。そのうち使おう・・。
 しかし、またしても「野菜だらけのおつまみ大会」(女だらけの水泳大会ではないのがもっと残念??)は計画倒れになる。

 勇翔H17BY火入れ割り水版を2合弱。モルトは飲まないでおきました。また、記憶が飛ぶと恐いから。弱腰中年オヤジは、膝の湿布を張り替え寝たのであった。
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-24 09:57 | 純米酒

桔梗屋さんで◎

b0028347_1141156.jpg 日曜日の夜。
 米子市角盤町の桔梗屋さんで、第一回目の燗酒の会が開催された。ちょっとフライング気味の到着時間、誰もいない隠れ部屋(?)を撮影してみました。窓から見える小さな庭は、京都燗酒楽園の前夜祭で行った、町家を改造した居酒屋の庭の様。写真では見えませんが、右側には、小さな扉。京都の町家ではトイレの入り口だったな…。(ここは違うけど)
 
 6時に合わせて、お客さんが増えてくる。
 私の右隣には”りょうさん”、左隣にはこのブログをご覧になってわざわざ広島県から来てくださった「おねぇさま」。(見てますよね?今日も)
 しばらくすると、”せいじさん”(米子のスバル代行の社長さん)もいつになく(←多分)地味なスーツでご登場。いっしょに来てくださったのは、私がネットデビューした頃をご存知の方。「あの頃はもっと過激でしたもんね」と声をかけてくださった。(~_~;)
 
 飲みはじめると、写真なんて撮ってられない私。
 大七生もと純米、菊姫純米、常きげんの三種類の味見&コメントをまず頼まれる。皆さんが頼まれて、やや苦戦されてた模様。かく言う私も、場所や雰囲気が変わると勝手が違って筆が進まない。この後、それぞれのお燗も。常きげんのお燗が殊のほか旨かったぜ!
 ここのお店は、お任せコースで食べ物が出てくる。お酒も、このたびはこちらが選択する余地なく次々と・・・。
 日置桜燗あがり純米山笑ふ其の一、辨天娘H16BY純米大吟醸、生もとのどぶ仕込13号、扶桑鶴H17BY純米吟醸山田錦50%・・これだけだったかな?まだあったような、、、あ、最後に本醸造が出てきたんだ。最後になってドヨ~~~ンな気分。
 他のお酒、お料理、大変おいしかったです♪

 うん?手元に昨日もらった名刺が… あれ?この人誰だっけ…。
 
 蒸留酒を飲みに、次の店に行った・・・・と思う。
 りょうさんといっしょだったのか?
 いや、せいじさんだったかも知れない。
 モルトを飲んだはず・・。

 今朝はホテルのベッドに戻ってはいたが、つけた記憶のないテレビが点いている。その正面に座っていたのか足は両方ベッドから垂れ下がった状態。上半身は、座った体勢がそのまま左に倒れた状態。
 ホテルに戻った記憶も無し。

 昨晩は桔梗屋さんで◎ その後 ヽ(◎◇◎)ノ グルグル 。
 
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-23 12:44 | 純米酒

懐かしき蔵人に乾杯

 久しぶりに元竹鶴酒造の蔵人「吟臭センサー」さん、ご来店。
 いでたちは、蔵人時代とちっとも変わらない。作務衣、スキンヘッドに手ぬぐい、バックパック、ニコンのカメラ(なんかすっげぇ~高そうな代物)。
 連休とって、山陰を撮影して回るそうな。今の会社(酒造関係ではない)は連休が取り難く、大好きなカメラに没頭する時間がないとぼやいている。

 彼には、彼の知らない「H17BY竹鶴生もと蔵付酵母サンプル生原酒」を味見してもらう。ふふ、どうだい!八反錦と雄町では味と切れが違うだろ~。

 お買い物を済ませた彼を、今日の宿に送り届けて、今晩の晩酌の酒は決ったのだ。
b0028347_9243844.jpgb0028347_9245095.jpg













 やばい、四合くらい一気に飲んでしまいそうだ…。
 冷やも旨い。煮酒(昨日は70度まで上げてみました)も旨い。

More
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-21 09:32 | 純米酒

kamo鍋もどき

b0028347_1020476.jpg タイトルを見て、約一名ドキッとした事で満足です。
 hiroinさんに、刺激されて野菜のつまみを食べねばと思い、味噌仕立ての汁に入れるものを考える。何があるだろ?何がいいんだろ?
 とりあえず、いつもの夜のスーパーへ繰り出してみる。

 「あ、こんばんは」 知り合いがいたので、愛想でご挨拶。
 「こんばんわぁ~」 多分、愛想で返事。
 最近、よく会うんだよな、このオバハン。いつも、遅い時間に買い物してるんだなぁ・・とは思ってましたが。
 「パソコン教室に通ってるんで、こんな時間になるんですよ。」
 「な、何も言い訳しなくていいですよ」
 「あ、でも・・・」
 何でよ。理由なんてどうだっていいよ、何で俺に言い訳するのさ。

 しかし、野菜の具って何入れるのかなぁ・・。椎茸、白菜はあったから買わなくていいし、ネギ、豆腐もあった…。野菜鍋とすれば、これでも充分成り立ちそうだな。んじゃ、なんで俺はスーパーにいるんだよ?オバハンの言い訳聞きに来たわけじゃないぞ。
 o(- ̄*o))))...ウロウロ...((((o* ̄-)o
 足はいつもの鮮魚売り場、肉売り場に向いている・・・イカン。。イカンとは思いながら品定めにはいってしまう。
 「あの具なら、鴨肉入るとうまいよなぁ~」
 先日から目をつけていた鴨肉があったのだが、ちょっと値がはる。初日は定価、次に見た時は100円引き。う~ん、もう一声!ってわけで、昨晩は「半額」!(〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ 買っちまいました。「野菜鍋の決心」はどこへやら~

 鍋グツグツ煮えてます。
 いづみ橋サンプル残りの3本は各数十ミリ。一本ずつでは少なすぎるので、3本ブレンドしちゃいました。いや、これはこれで旨かったですぞ。
 二杯目は生もとのどぶ。
 締めに、日向あくがれ大地の夢(サンプル残り)をちびっと。
 おおとりに、オーヘントッシャン10年。柔らかで旨い。

 Auchentoshanをオーヘントッシャンと読むのは難しいと感じる中年おやぢ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-20 10:46 | 純米酒

意外にあっさりと・・・

 10月19日16時。
 件の公民館館長さんから電話がありました。

 謝罪の言葉、そして「腐っていた発言」の流布の範囲を断言され、その範囲内の誤解をとく事を約束してくださいました。
 当方への文章も郵送する事も約束してくださいました。

 これにて、一件落着とします。

 応援、そしてご心配、ご助言くださった皆様方、誠にありがとうございました。

 ヾ(--;)ぉぃぉぃ 誰だ?もっとバトルを見たかったなんて言うのは…。
[PR]
by kanzakerakuen | 2006-10-19 16:09 | 負け犬の遠吠え


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

フォロー中のブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB48~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧