<   2010年 04月 ( 10 )   > この月の画像一覧

沖縄のなせる業か?

b0028347_1035411.jpg 「モリッツ」というスペインのビールを試飲した。
 こりゃ、国産ビールと変わらない味わいだね。価格もだけど。
 
 なんだか、懐かしいような、鬱陶しいような、久しぶりに感じた味があったので原材料名を見てみると「米」も使ってあった。日本以外でも副原料に「米」を使用するのね…。ひとつお勉強になりました。

 まぁ、国産ビールが引っ張られた「ドライ系」でないところは受け入れられますな。

 写真は鯵の酢〆を日置桜H20BY八割搗き強力で。50度弱がこの時は良い感じだった。若いんだろうね、まだ。それでも、四合瓶のお陰で開栓してから3週間ほどで「もうちょい」ってところまできた。開栓してから少ししか飲まないでここまで我慢するのは大変だったけど。^^;

 もう一本、これは未開栓のお酒を開封。
 いづみ橋恵海老名耕地【H16BY】720ml。これは先日、沖縄からいらしたkanaのS君に頂いたもの。5年熟成とはいえ、未開栓でここまで熟成感があるなんて・・・、正直驚きだった。そして、その熟成感に酔いしれ、癒されたよ。たぶん、室温での保管だと思うけど、鳥取じゃここまでにならないような気がする。さすが沖縄。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-29 10:52 | 純米酒

選んだ理由は・・・

b0028347_11192231.jpg 「そういうつまみを食べているから、中性脂肪を気にしなきゃいけないんだよ」と言われるだろうな。「尿酸値が高めなのにビールも飲む気かよ?」って言われたって、新入荷の商品は試さなきゃ。
 
 ベルギーのビール、ストロングエールのパウエルクワック。

 なんでも、変わった形のグラスで飲むのがこのビールの本来の飲み方らしいが、味比べという観点からすればいつも同じグラスで公平にみてやる必要があろう。(って、グラスが洗いにくそうだし、保管にも困りそうなので買う気にならないだけです)
 苦味や甘味のバランスが良く、特徴的ではないけど美味しかった。

 で、このビールの他三種類ビールの新入荷があったんですけど、それらを選別する一番のポイントが…賞味期限の長さ。

 もはや、ビールなんぞヱビスビール(各種)以外売れやしない当店にとって、ビールは賞味期限切れが発生するのである。国産のような8ヶ月で切れちゃうビールはもはや・・・情けないが・・・ロスでしかない。だから選ぶ基準は賞味期限一年以上。
 ったく、また味見しなきゃいけないものが増えちゃうよ、やれやれさ。国産ビールみたいにどれをとっても金太郎飴みたいに大差ないのとはわけが違うからね。

 しかし・・・

 クワック、5本で1650ml、2500円也。
 竹鶴にごり1本で1800ml、2310円也。

 やっぱ、竹鶴にごりの方が良いですなぁ、あたしゃ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-26 11:54 | お酒全般

やっぱり人間が古い

b0028347_17351576.jpg よこわのたたき。ポン酢に柚子胡椒+ちょっとだけはつかり醤油で。
 
 日置桜H20BY八割搗き強力は若いせいか、柚子胡椒と現時点ではイマイチ。双方共鳴し合って渋さが目立つ(強くなるわけではない)。

 二種類用意してて良かったってもんだ。

 独楽蔵H18BY玄円熟純米吟醸は、単独で味見した時は「はたして料理にうまく合うだろうか?」と思ったが、料理の味わいの凸凹が玄に複雑さを持たせてくれる。古酒的味わいは、柚子胡椒の味も包み込む。

 酒の古いのは良いもんだ。
 新酒より確実に翌朝の疲労感が違う。理由は知らないが、体験的に肝臓でのアルコール分解が早いように思う。そして余った時間で肝臓君はせっせと疲労物質(乳酸)を分解してくれる。だから、疲れが残らない・・・のだろう。

 かたや、人間の古いのはどうなんだ?あらゆる能力が老化により衰えて肉体の世界では良い事はあまりなさそうだ。それでも心の世界ではまだ役立つ事がありそうだ。

 記憶は大きく言えば心の世界だろう。記憶力は肉体の世界だろうが、「記憶」は肉体の世界では無いという事で…。
 「辛口純米には小さい瓶は500mlしかないんですよ。なんでか知らないですけど。」
 とは、O谷酒造の営業S君。
 「もともとは1.8Lしかなかったんだけど、東部の旅館だったかな?そこが辛口純米を使いたいという事で、そこ用に小さい瓶をつくったんだ。んで、値段を当時1000円にする為に出始めのR瓶=500mlの瓶を使ったってわけ」
 「へぇ~、知りませんでした」

 「なかだれって特別純米とどっちが早くからありました?」
 「そりゃ、特別純米の方が先だよ。たしかN内さんだったかな、もう少し付加価値をつけたお酒を販売したいって言って。平成3年だったと思うよ。初めは、3から4店のPBとして売り始めたんだ。辛口純米だって超辛口純米だってそうだ。売れるのがわかって、解禁って感じになったわけよ。」

 社内でも、知っている人間がいなくなりつつあるのかな。
 年寄りちゅう~もんは、今朝食ったメシの事は思いだせんが、昔の事は覚えとるもんだ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-23 17:58 | 純米酒

のんびりLSD

 定期健診で血液検査。定休日前々日の土曜日に行ってきた。飲んだ次の日だったのが引っかかるが…。まぁ、いいか。
 結果は月曜日には出るそうだが、その日は定休日、病院行くなんて時間がもったいない。(だから今日行った)
b0028347_15534865.jpg 写真の位置が反対だが、一番下の写真が日曜日=定休日前の晩酌。にごり酒は、義弟のくれた「玉栄60%にごり酒(火入)」です。詳しくは言わないけど、まだまだ若いが力のあるええ酒です。製品では無いので「きき酒」から解放された「飲む為のみの酒」は格別にうまいってもんだ。特に、きき酒がずっと続いていたからね、よけいウマイワァ~。

 月曜日、あんまり天気が良かったので、久々に東郷池一周のLSDに出かけた。家から出かけて帰ってくれば25kmから30kmって距離だろう。
 その途中、、、まん中の写真、見えるかな?
 雉のつがいと遭遇。以前はヌートリアと遭遇したあたりだが、昨日はまずイタチが目に飛び込んできた。こちらをじっと見つめてピクリとも動かないものだから、投棄されたぬいぐるみと見間違えたかな?と思ったが、次の瞬間姿を消した。
 バサバサッ!とぬいぐるみと私の間にいた雉のつがいが走りだした。イタチは狙っていた雉が逃げだしたので、諦めて姿を消したのだった。雄の雉は、最後まで睨みをきかせていたわけだ。睨まれていた私…。(~_~;)

 お疲れモードの月曜日の晩ご飯は、てんぷら。沖縄のkanaさんからいただいた「島ラッキョウ」、若桜町の「タラの芽」、たぶん道の駅で買ってきただろう「こごみ」、近所の同級生からもらった「サツマイモ」。お酒は天穏の蔵人ならさんからもらったにごり酒。淡いピンクのボトルのあれ。
 もらいもの祭ですな、こりゃ。 ハハ

 検査結果。。。肝機能は見事に改善されてた。いつの間にか節制も半年以上になるもんなぁ~。
(^^)v

 そうそう、今日(20日)は禁煙してまる4年の記念日だ。(桔梗屋さんにメールで教えてもらって気がついた)
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-20 16:28 | 隙間

予告:鳥取純米燗at桔梗屋「辨天娘」編

b0028347_13192972.jpg
 写真と本文は関係ないです。


鳥取純米燗at桔梗屋
   辨天娘編

 日時:5月30日(日曜日) 18時~
 会費;6000円

 ひょっとして、もう満席かもしれませんが、告知しておきます。

 

〒683-0812 米子市角盤町2-63-2
アクセス:高島屋より徒歩3分
電話番号:0859-37-2366


 五年古酒(純米吟醸H16BY玉栄55%6番娘)も飲めると思います。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-17 13:27 | 純米酒

ゴミじゃねぇし・・・

b0028347_1513259.jpg 皿の色が、これを盛り付けるのに適していない事もあるけど、「どこの火事現場から拾ってきたんだ?」と思える様なあり様。
 
 ゴミじゃないですぜ。
 
 食い物ですからね。

 焦げちゃったんじゃなくて、焦してあるんですからね。

 鰆(狭腹とも書くんだってね、知らなかったよ)のちっちゃいの・・・つまりサゴシ(狭腰って書くそうな)のたたきです。

 自分でたたきにして、こんな事になったんでは無いです。これは切っては無かったけど「たたき」になっているものを買ってきたんです。サゴシ(サワラも)、身が割れ易いけど、それとこれとは別問題のような気がする・・・。見た目がこれだからね・・・夜のスーパーでたくさんあったよ。(売れ残ってた)

 ま、見た目はともかく、サゴシが刺身やたたきで食べられる環境に感謝しつつ、葱&梅酢と黒酢のポン酢で美味しくいただきました。
 秋鹿能勢の棚田(頂いたもの)と生もとのどぶ生原酒で合わせてみましたが、秋鹿の方がこのたたきにはマッチしたように思います。






 あっ、そうそう、あの生もと(っていっても、あれじゃないよ)「4の壁」を突破しました。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-15 15:34 | 純米酒

強風警報の中「日吉津チューリップマラソン」

b0028347_12555620.jpg 先週金曜日の地元地方紙の朝刊だったろうか・・・日吉津(ひえづと読む)チューリップマラソンの広告が掲載されていた。

 鳥取県の西部地区にある日吉津村は王子製紙があり、国道9号線を車で走っていると独特の異臭がするので、目をつぶっていても日吉津が近い事がわかる。
 そんな異臭で有名な日吉津村だが、チューリップ畑があることでも有名なところである。

 「煮酒さんは走らないんですか?」
 とは、梅津酒造のK君(営業)。彼とは、昨年の福部ラッキョウ花マラソンで一緒だった。あの時は、どちらも調子は良くなかったが、辛うじて私が先にゴールした。そんな経緯があるものだから「今度はリベンジ」と燃えていたようだ。
 「休みが合わない(実際は、そう思っていただけ)から、エントリーしてないよ」と言っていたのだが・・・。

 金曜日の新聞広告では、「当日受付あります」とあった。
 ( ̄ー ̄) フフフ 、そんじゃ彼には黙って参加して、びっくりさせちゃおう♪

 朝、4時半に起床。
 雨模様・・・どうしようかなぁ~。準備もしたけど、こんな雨の中、わざわざ走りに行く事もないんじゃないかなぁ~。ひとしきり悩みもしたが、現地での天候の変化を期待して出かける事にした。

 思いは通じた!・・・最悪方向へだが。

 雨は小降りになったが、風が!なんと、強風警報が出てる。。。 orz
 小雨は走るのには大して影響はないけど、風は良くない。いや、最悪だよ。タイムも体力もロスしてしまう。また止めたくなったけど、この天気の中、大勢の参加者が集まってくるのを見ていると、やる気が出てきた。

 午前11時10分スタート。
 ゲートに並ぶと、4列ほど前方に梅津酒造のK君が見える。時々、後方を振り返るので、見つからないよう(別に見つかっても良いんだけど・・・)帽子を目深にかぶり直す。初めの混乱をなんとか人をかき分けてスルーできた。

 初めの1キロも行かないうちに、K君には追いついた。どうやら、もうこの時に彼は私に気がついていたようだが、気がつかれた事に気がついていない私は、風で少し浮いていた帽子のツバを下げた。何度も、離したつもりでいたが、私に気づいていたK君は、5km付近までは何度も追いついてきた。

 初めの頃はキロ4分20秒のペース(決して速いペースでは無いが私にとってはまずまずのペース)で刻んでいたが、強風警報と距離に対する不安には勝てず、だんだんペースが落ち、リズムも狂ってきた。
 4.5キロ付近だったろうか・・・
 強風にかぶっていた帽子が後方に吹き飛ばされた。トップランナーなら、帽子なんて放っておいて駆け抜けるだろうが、おっさん市民ランナーにとっては4年も被っている帽子でもそのままにはできない。くるりと進行方向に背を向けて、風に飛ばされる帽子を追いかけた。実にかっちょ悪いし、時間の無駄、体力の無駄!

 最後の折り返しを過ぎ、完全にめげそうになっていた。「もう、走るのやめて歩いちゃおうかな」「でも、K君が追いついてくるし、もう少しがんばろう・・・」
 顎も上がってきた頃「会長ぉ~~~!!!」と聞きなれたでかい声が。はっきり見えはしなかったが、あの声は確かに桔梗屋の大将の声だ。応援が力になるって事、実感させてもらったよ。

 しかし、普段の練習で走っている距離の8キロを過ぎた頃には、リズムが完全に狂い、脚力だけに頼って走っている様な感じなった。お陰で、ゴール間近ではふくらはぎが痙攣しそうになる程だった。ラストスパートで私をかわそうとしてくる人を、なんとか振り切りゴール。
 福部ラッキョウ花マラソンの時よりは2分ほど良いタイム・・・福部は起伏が激しいから・・・でゴールできた。44分44秒。4ばっかりの不吉なタイムだけど、まぁ、いいさ。

 帰り道、疲労で何度も眠気が襲い、4の恐怖を味わった。

 さて、次は来月9日、浦富海岸だ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-12 13:38 | 負け犬の遠吠え

手間暇かけて

b0028347_18145398.jpg鯖の麹漬・・・太田さんちの手作り♪
ビーフジャーキー・・・楢見舘さんの手作り!出雲のタンベエというBarのマスターの手作り。楢見舘さんから頂いたもの。

 手間暇かけたつまみ、美味しくないわけが無い。

 そして、手間暇かけた【生もとのどぶH21BY仕込11号火入】が空にならないわけがない。(四合瓶でしたけど)

 締めのお酒は、日向あくがれ白麹原酒。お湯割りで、クピクピ・・・グビグビ・・・ゴクゴク・・・空にしちゃ、朝起きられないので、ストップ。
 純米酒なら、もう一本空にしても起きられるから不思議だ。


 さ、4月の試飲15本中、10本は済んだ。
 残り、5本。もうひとがんばりだ!
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-09 18:21 | 純米酒

おでんに亀治好日

b0028347_1210312.jpg 写真は、定休日前日・・・日曜日の晩酌。

 旬のホタルイカを昆布だけで味付けした出汁に「しゃぶしゃぶ」して♪他に、豆腐やワカメもいれて。合わせて飲んだのは「日置桜H20BY復刻ラベル純米酒」だ。出荷総本数が300本というのに、ちゃっかり飲んでます。ごめんなさい。 (^_^;)

 ホタルイカは、ワタも楽しみたいのでさばかずにしゃぶしゃぶする。したがって、骨が(甲が)口の中に残るけど、最後にちょいと取り出せばいい。

 梅酢と黒酢のポン酢でいただく。シンプルな味わいだけど、復刻ラベルともよく合って染みいる様な味わいだ。おまけに簡単だしね♪

 そして昨晩。写真は無いけど…

 おでん(季節外れ?)に「鯉川H20BY純米吟醸火入原酒亀治好日スペシャル」をあわせた。

 あっ、これまた限定品でスミマセン。もう在庫も無いです;;;; m(__)m

 長時間煮込んだものじゃなくて圧力なべで作ったせいもあるけど、おでんにこのお酒がこんなにもピッタリくるとは、驚きだった。米の味わいがしっかりある上に、吟味。この吟味(派手じゃないし、米の旨味が根底にあるってことがポイントだろう)が邪魔するかと思いきや、絶妙!
 そういやH20BYはいつもより迫力あるからな。

 今度、レギュラーの亀治好日(H20BY)でもやってみたいね。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-06 12:37 | 純米酒

大爆笑やら涙やら

b0028347_17273583.jpg 大分の蕎麦屋さん「そば切り重娯」さんから、先日いろんなものがやってきました。生蕎麦、蕎麦ツユ、蕎麦寿司、蕎麦豆腐、鶏味噌など。酒飲みをくすぐる品々でした。
 その中に…「アイスクリームにかける醤油」っていうのが入ってました。
 「醤油なのに、透明なんだね~」なんて言ってました。

 30日(帰省していた長男が帰る前日)、「みんなの分買ってきたから、その醤油かけて食べてみよう」と長男。「お父さんの分もあるよ」・・・おぉ、そりゃ嬉しい♪ 私の仕事中に子どもたちは食べたらしく、口々に「醤油なのに、酸っぱいよ」と言っていた。
 長女だけは「酸っぱいけど、おいしいよ。」とか言っていたそうだが、物足らなくなり「はつかり醤油」までかけて食べたそうな。私も「普段よりバニラアイスが沢山食べられるのは確かだ、酸っぱいけど」と言っていた。

 そして、今朝…。

 そば切り重娯さんから「アイスクリ―ムにかける醤油、メモを入れ忘れましたが、中身は蕎麦寿司用の”甘酢”でした」とメールが…。
 
 もう、わたしゃ、大爆笑でした。帰省した長男にも早速メールし、長女にも話し。。。今こうやって書いていても、笑いがこみあげてきます。
 実に、まぬけな家族でした。 (^^ゞ

 今回、帰省した長男は随分次男と遊んでくれた。次男と一緒の部屋で布団を並べて寝てくれた。
 昼間は、彼女が来ているので、遊べない次男だったが、夕方からは独占していたようだ。それに応えるように、置き土産(?)として4月3日までレンタル期限のあるドラゴンボール実写版のDVDも借りおいてくれていた。一度は長男、次男は一緒にみたようだ。

 長男が帰省した31日、次男は部屋に敷いてある一人前の布団を見て「おにいちゃんがいない・・・」と涙ぐんでいたそうな。そして、その晩(昨晩)、もう一度DVDを私の部屋で見ていた。ドラゴンボールを見ているというよりお兄ちゃんと過ごした時間を思い出している様だった。。。
 
 写真は、5月9日(日曜日)~~~あ、、、、大阪の「上方日本酒ワールド」の開催日だ~~~~~に参加する「第25回浦富海岸健康マラソン大会」のパンフレット。

 次男も参加する。
 長男のように、私も彼との思い出を作れるだろうか?

お前もか…
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-04-01 17:54 | 隙間


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB48~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧