<   2010年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

買わなきゃなくなる

b0028347_9214462.jpg 久々に近所のスーパーで「ブルーチーズ」を見かけるようになった。オープンショーケース(冷蔵)が新しくなって、アイテムが増えたのだと思う。
 「買わなきゃなくなる」っていうのは、急いで買わないと人気があるから売り切れるっていう意味じゃない。そんな価値の高いわけじゃない(値段も高くない)ブルーチーズでさえ、買う人がものすご~~~く少ないから、すぐに「回転しない商品=死筋商品」として棚から消えてしまうからだ。
 ナチュラルチーズと言えば、大手国産メーカーのカマンベールとPB(といってもCGCとかいうグループのものだが)のフランス産カマンベール、大手国産メーカーのモッツァレラ、パルメンザンくらいしかない。かつてはパルメジャーノレッジャーノの極小カットものがあった事もあったが、買う人が少ないんでしょうなぁ・・・すぐに棚から消えた。
 
 このブルーチーズ、また棚から消えてしまうのだろうか。また、味わいに大差のないプロセスチーズが棚の大半を占めてしまうのだろうか。

 先日も、日置桜の蔵人T君が、「チーズがないですよ。大阪(って言ったとおもうけど定かじゃない)のワイン屋に併設されてたチーズショップも無くなっちゃってるんですよ」「そのワイン屋に尋ねたら、スーパーくらいかな、あるのは…って言ってたけど、スーパーにも殆ど無かった(種類が)んですよ」って言ってた。
 当地の場合は、単純に食べる人が少ないのが原因だろうけど、他所は何が原因なんだろう?

 本場の本物の味を「好みではない」というのは別にかまわないと思う。だけど、似せて造った紛い物の味を「これが●●の味だ!」と言い切るのは間違い。
 酒屋の店頭から、ビールがどんどん消えていき、紛い物ビールがどんどんフェイスを増やしている。そして、消費者は平気でその紛い物を「ビール」と呼びだしている。
 かつて、純米酒は当たり前に、店頭に並んでたことだろう。そしていつしか紛い物アル添酒が棚を占め、消費者は当たり前に紛い物を「日本酒」と呼ぶようになった。

 本物をちゃんと消費してやらないと、なくなっちゃうよ。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-29 09:47 | 負け犬の遠吠え

夏野菜と綾花

b0028347_9245229.jpg 炎天下、ばっちり水分補給をしながらとはいえ、ジョギングはさすがに厳しい;;;;
 スピードに乗れない、消耗が激しく距離が稼げない。
 そんな中でも、海に向かっての川沿い下りは、橋の下の影が風もありオアシスの気分だ。もうちょっと引き締まったお腹なら、Tシャツをめくって涼みたいところだ。
 肌の出ているところはすっかり日焼けし、足には常に白い靴下をはいているようなあとができた。

 こんな日のビールは格別にうまいが、やっぱり350mlもあれば充分。

 つまみにも爽やかさ、涼を求めて・・・夏野菜♪ トマト&キュウリ + カンホアの塩結晶タイプ のみ。

 お燗した綾花瓶囲いH20BY。
 汗をタップリかきながらでも、野菜も綾花も瑞々しくって、こもったような熱は感じない。首にかけたタオルでささっと汗を拭き取れば、たかが扇風機の風だが、橋の下の涼風を感じさせる。

 体力があれば、夏もまた楽し♪
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-26 09:52 | 純米酒

どぶ+ビールの季節

b0028347_10491844.jpg 生もとのどぶ+ビール、ビールはオルバル(ベルギー)を使っていたが、松の屋さん(新宿)のブログで【鍛造にごり+ヱビスビール】が紹介してあったので、「生もとのどぶならどうじゃろかい?」とやってみた。
 夏でも燗酒!なんだが、こういう導入もありだと思う。
 どぶにヱビスは、【小麦(白)ビール】の味だね♪軽く、晩酌前に喉を湿らすには丁度イイ。
 んで、やっぱり燗酒に手が伸びる。

b0028347_10494595.jpg 日置桜H20BY八割搗き強力を55度燗で♪
 つまみは、昆布と玉ねぎに温泉卵をのっけて、日向夏ポン酢とはつかり醤油を少々かけて。

 はじめは、玉ねぎのワシワシした食感、後から昆布のコリコリした食感が楽しめる。さっぱりした味わいも夏らしくってイイネ。
 
 この温泉卵、叔母にもらったのだが…。
 毎日足湯に行くのが彼女の日課。近くに温泉卵をつくるためのお湯の湧き出し口があるのだが、足湯につかりながら彼女は「おいしそう・・・、自分もやってみよっと」。
 ここからが、我が家の父方の遺伝的症状。
 加減ってものを知らない。二人暮らしの彼女なのに、卵ワンパック(=10個)も温泉卵つくってくるんだから、わけわからん。おかげで8個が我が家にやってきた。
 父の母親、つまり祖母は酒屋の初代だが、条件がつくからといって(昔はそういうのが当たり前の時代)、そんなに仕入れて売れるのかい?というほど、とある酒を仕入れた。結果は、周りが心配した通り。古酒にして旨くなる類の酒でもなく(そんな知識さえもなかったのだが)、結局不良在庫。その性格は叔母である娘にきっちり遺伝しているってわけだ。

 俺?遺伝してないといいんだけど。。。自分では遺伝してないと思ってるんだが、他人からみれば「あいつは加減ってもんを知らん」って思われてるのかな・・・。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-17 11:18 | 純米酒

今年は波が無い・・・と思っている

b0028347_13421644.jpg 今年も、海の家にビールサーバーを設置した。一軒は橋津海水浴場(海の家キララ)、もう一軒は昨年は休業していた宇野海水浴場。来週あたりには、梅雨が明けそうだし、今年の夏はちゃんと暑くなるっていう噂なので、普通の酒屋さんのように「夏にはビールが売れる」を実感できるかもしれない。

 今月に入ってからも、相も変わらず同じようなペースで味見をしまくっている。
 例年だと、この梅雨時期は味見したくなくなる=味見にやや不安があるのだが、今年は年始からハイペースでずっと味見し続けたお陰か、ほとんど不安が無い。つまり、味見の波が無いってわけだ。

 晩酌には、味見の残酒で楽しいひと時。
 アユの甘露煮、男前豆腐&鶏味噌+ねぎ。うすくにごったお酒は、はっきりした味にも、淡い味にも適応するね。



 海水浴場の波もなく、事故がありませんように。(ちょっと強引だったな)
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-15 13:53 | 純米酒

暑中お見舞い申し上げます

b0028347_11591147.jpg

 
暑いですの…。夜が。
 寝苦しくっていけません。

 美味しいお酒飲んで、ご自愛ください。

[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-13 12:02 | 隙間

第二回 純米酒を呑みつぐ会

第二回 純米酒を呑みつぐ会

 昨年は、別の会に出席せねばならず(先約だった)、末永杜氏(杜の蔵)・坂本杜氏(鷹勇)のお二人が対談されるというのに欠席してしまった。おまけに、大先輩の野内さん、酒本さんも参加されたというのに…。
 今年は、行きまっせ!

開催及び参加概要

日時:2010年9月26日(日)受付14:45~ 開場15:00

 第1部 蔵元対談 15:15~16:15 
b0028347_16164837.jpg

VS

b0028347_1617196.jpg


 画像でわかると思いますが…
 亀の尾で酒を造る蔵元 鯉川の佐藤社長
 強力米で酒を造る蔵元 日置桜の山根社長です。

 第2部 純米酒を楽しむ会 16:30~18:30

場所:茗渓会館(文京区大塚1-5-23)
交通:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分

会費:8000円
参加者:100名

参加申込

純米酒を呑みつぐ会メールアドレス【nomitugukai@gmail.com】にお名前と参加人数をご連絡下さい。
グループで同席希望の場合はその旨も一緒にご連絡下さい。(@は、全角にしてありますので、半角にして送付してください)
受付番号をご連絡しますので、参加費を郵便振替口座に振込んで下さい。
郵便振替口座【口座番号】00150-5-654822 【口座名称】純米酒を呑みつぐ会
領収書は9月26日当日ご持参下さい。


正式申込みは、参加費の郵便為替の着金時とします。
「払込取扱票」(郵便局に備付けの青色印刷の用紙)の通信蘭に、必ず「受付番号」「参加者名(複数の場合は参加者全員)」「連絡先電話番号」「メールアドレス」「グループで同席希望の旨」を記入して下さい。
当日は領収書をお持ちいただくよう、よろしくお願いします。
募集終了(募集定員に達した時)の案内は、当ホームページ及びお知らせ用ブログにて発表します。
それ以降の申込みは出来ません。

キャンセルについてもnomitugukai@gmail.comに、返金振込先をご記入の上、ご連絡下さい。(@は、全角にしてありますので、半角にして送付してください)
連絡がない場合は返金の対象にならないので、ご注意下さい。
1ヶ月前(8月26日)までは、送金手数料を引いた額を返金します。
2週間前(9月12日)までは、半額から送金手数料を引いた額を返金します。
9月13日以降は返金いたしません。

 第二回 純米酒を呑みつぐ会ホームページ http://nomitugukai.fc2-rentalserver.com/
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-08 16:25 | 純米酒

はまち

b0028347_9141324.jpg 「川」という文字が見えますが【楯野川】でないことは、お察しの通り。

 「はまち」の刺身。
 それぞれでしょうが、私ははまちの刺身は、白いご飯のおかずのほうが良いように思います。ぶり程の脂の乗りが無いので、ご飯を噛みしめた甘味や旨味が加わった方が美味しく感じるんじゃないかと思っています。
 この後に、ぶりカマ塩焼きをつみに変えましたが、やはりこのほうが、高津川のつまみには良かったです。

 ところで、はまちはご存じの通り、ぶりの小さいものを言います(関西では)が、ブリの稚魚は何ていうかご存知ですか?(知ってるよ、そんなことくらい・・・って聞こえてきそう;;;;)私は、今朝まで知らなかった(たぶん、忘れていたのではないと思う・・・)。
 ぶりの稚魚って、「もじゃこ」って言うんですってね。小さい間は「藻」に隠れて身を守っているからだそうだけど、なんとも愛らしい呼び方ですね。
 まるで・・・・・・・・湿度の高い日の私の髪型のようです。今日なんて、完全「もじゃこ」です。^^;

 6月末、次郎さんも行ったことのある(というか、ここが縁で次郎さんと知り合ったようなもんでした)酒蔵が不渡りを出したようです。民事再生を申請している様子。とある株式会社が買い取るようです。この会社はすでに数軒買い取っているとの事。
 銀行(一番の債権者である)としては、海外輸出もして、有機認定のお酒も造り、量販相手のPBも造り、地元の農業高校と契約栽培米も造り、また、いち早く農家との契約栽培も始めた等【先見性のある有望な蔵】と見ているようです。だから、資本さえ注入してくれる所があれば、民事再生には大賛成という見方。
 個人的、まったくもって個人の考えですが、銀行が評価している行為はことごとく「泳ぎを知らない人間が大海原に飛び込んだだけ」ではないのか?と思ってしまいます。まぁ、蔵が減るのはあまり良いことではないので、再生した方が良いのかとも思いますが、もっと酒の根本を見直す人が、再生に加わった方が良いと考えます。
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-03 09:40 | 純米酒

穿つ

 パンツ穿いてますか?
 パンツは「履く」じゃなくて「穿く」。
 「穿」を見るといつも思い出すのが、この事。


b0028347_10543769.jpg
「穿」
 goo辞書によると・・・
(1)穴をあける。貫き通す。
「岩を—・って道を通す」
「石をも—・つ信念」
(2)事の裏面の事情を詮索する。人情の機微などをとらえる。
「—・った見方をする」
「—・ったことを言う」
(3)袴(はかま)・履物などを身につける。はく。
「小倉の袴の…を—・ち/当世書生気質(逍遥)」
(4)普通の人とは違った、新奇で凝ったことをする。

 ふむふむ。

 この酒の場合は(1)と(4)の意味があるってことらしいが、(2)だったら嫌だよね~。後半の意味合いならまだしも、前半の意味合いだとしたら、瓶に盗聴器が仕掛けられてないか疑いたくなるわな。
 (1)の意味でも、胃壁を穿ってもらっちゃあ困るけど。(^_^;)

 さておき。
 北海道の生さんま。早いね~、もう秋刀魚だよ。まだ、小振りだけど、刺身じゃなくて焼いても旨いよ。脂の乗りが不足しているとまでは感じない、大根おろしがあって丁度いいもの。
 ネットで7月の秋刀魚を調べてみると「新さんまは1000円くらいする高価な魚」みたいな記述がちょこちょこ見られたが、私がつまみにできるってことは無論そんな値段がするわけない。2匹で300円くらいだったと思う。

 H20BYだがまだまだフレッシュ感のある「穿」と、新さんま。
 良い組み合わせでした。
 
[PR]
by kanzakerakuen | 2010-07-01 11:10 | 純米酒


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB47~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧