<   2011年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

居酒屋メニューにできそう

b0028347_12253324.jpg

 昨日は、定休日。
 久々に朝寝坊して、6時起床。休みだから焦ることも無く、のんびりと洗濯・掃除。終わると特にすることがなくなった。雨が降ってなければ、ジョギングに出かけるのだが、止む事のなさそうな雨の中に出る気がしない。丁度良く(?)、かゆみ止めの薬を飲んだ眠くなったので、また寝床に潜り込む。
 ぼんやりテレビ。
 といっても、午前11時ごろという中途な時間帯に「いつも見る番組」なんてない。パチパチとチャンネルを変える。NHK教育(Eテレビっていう呼び名になるんだってね)で料理番組をやっていた。

 魚嫌いが魚好きになるとかなんとかいう題で料理していた。その中に、あったのが写真の「鮭ご飯」。

 これ、ただの鮭ご飯とはちびっと違う。
 なんと、味付に炒めたニンニクを使うのだ。おっどろきだ!(@_@)

 分量とか忘れたので、適当に作ってみた。
 作り方はこうだ。

 まず、サラダ油(オリーブオイル使ったけどね)で、みじん切りのニンニクを弱火で(弱火の中でも強い方で)焦げないように炒める。香りがふわっと上がる程度で良い。ニンニクは米三合に対して一玉使ったけど、もう少し少ない方が良かったかも…。

 洗った米に、醤油大さじ二杯三杯、酒(贅沢に鯉川を使ってみた)大さじ二杯、そして炒めたニンニクを入れて、30分ほどおいてから、炊く。

 炊いている間に、鮭の切り身を焼く。焼き上がったら、小骨も残らないように、丁寧に骨を取り去る。どの道ほぐすので、身は崩れても構わない。
 それと、大葉を千切り(っていうのかな?)にしておく。

 米が炊き上がるほんの少し手前で、鮭を炊飯器に入れる。(この時はまだかき混ぜなくてよい)

 米が炊けたら、千切りにした大葉を入れて、かき混ぜる。完成。

 これがね、ただの鮭ご飯と全然味が違うんだ。ご飯なのにつまみになるんだな。実際、山陰東郷H22BYのサンプル生酒残酒ブレンドのお燗を飲みながら、食べた。
 
 冷やご飯になってからも食べたが、それでも旨い。
 おそらく、平べったくして、せんべいのように焼いても旨いだろう。

 居酒屋メニューの一品に加えても良さそうな、料理だ。NHK教育、なかなかやるなぁ。
 
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-31 13:13 | 初めてクッキング

この年を境に飛躍したと感じる

 「この年を境に飛躍したと感じる」・・・当然、俺の事じゃない。 orz

b0028347_10582326.jpg H21BY阿波山田錦。
 先に仕入れたのは、なぜだかその年の「一度火=ひやおろし」の方だった。充分にメーター(日本酒度の事)を切って(プラス方向に数字が大きくなる)、力強い酸も持ってる。従来のきれいさを残しつつ、骨太なイメージも実現している。
 いったい、何があったんでしょうね?(笑)
 きっと、亀専務の何かがあったに違いないね。

 そして、最近になってこの21BYの生原酒を仕入れた。

 20BYも仕入れていたのだが、正直、米の良さは伝わるが「果たして使いこなしているのか?」と。(偉そうにスンマセン)甘さが故意に残されているような気がして…そう、なんだか酵母の残こしたものをいただいているような。。(またまた、失礼;;;)

 H21BY、生酒なのにまだまだシャキッとしておる。ひやおろし同様、メーター切っていて力強さを持っている。
 きっと蔵元はやらないでしょうが60度超えの燗にして飲む。冷やより、辛さと旨味がバランスいい。

 珍しく、「小松菜」「しめじ」「たまねぎ」の蒸し野菜をつまみに。
 日向夏ぽんずをメインにし、麹ドレッシングでアクセントをつけていただく。鯉川阿波山田錦60%は野菜料理に合うなぁ~。
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-28 10:58 | 純米酒

希少品は記憶で生かす

 辨天娘の古酒、私の分はサンプル180ml。
 味を表現するために、昼間にきき酒。つまり、飲めない。飲まないで私の分180mlは流しへと消えていきました。余裕もないので、HPのトップページには載せず、直接「OLD-NEWS」に感想は書き込む。

 試飲会の時は、原酒だった。
 良さは伝わったが、この割水ほどの旨さはなかった。割水の方が酸がよりシャープに感じられ、「あ~、酸が旨い!」と感じるのだ。
b0028347_12443840.jpg

 古酒は無いし…。
 せめて、太田酒造場さんからもらったお手製の「わさび(酒粕漬)」をいただく。しみじみ旨い。

b0028347_12514925.jpg


 生もとのどぶH22BY仕込15号のおつまみはこれ。
 あんかけ冷奴。

 あんには「まかないラー油」が混ぜてあり、少しだけピリ辛さがある。60度以上に燗つけたどぶがいっきに空となった。

 締めのジョニーウォーカースウィングを飲む頃は、瞳もスウィングしてた。
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-26 12:57 | 純米酒

鰆のたたきがどっさり

b0028347_1233171.jpg

 鰆のたたき、どっさりあります。 (・_・;)

 飲もうと思ってた【日置桜H22BY特別純米青水緑山】でしたが、「うぬ~、鰆のたたきに合うんかい?」と疑問を持ちながらの晩酌開始。

 たたきは、日向夏ぽんずにはつかり醤油を数滴たらして、大辛一味を少し降ったものにつけて食べました。これが、ぽんず単独や、醤油単独よりもかなりいけてます。(一味も加えるのは初めてやったんだけどね)

 そして、青水緑山(60度弱のお燗)とも良い感じの相性です。
 たぶん、たたきを何もつけないで(そんな食べ方はしないでしょうが)食べたとしたら、合いませんね。だけど、このぽんず+αだと、いい!
 
 ふ~ん、なかなかやるもんだ・・・と、楽しんでいたら、全部食っちまいました。
 お陰で、今朝はちょっと胃がもたれてた、あ~あ。。。 (-_-;)
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-20 12:42 | 純米酒

鳥取純米燗at桔梗屋

b0028347_1132141.jpg 昨日は、定休日。
 午前中は、売れすぎて在庫が底をついてしまった「日置桜H21BY八割搗き強力」を仕入れに山根酒造場さんへ。いつも、話が弾んで長居してしまうのだが、昨日も気を付けていたつもりなのに90分くらいお邪魔してしまった。社長、すんません。。

 夕方、JRに乗って米子へ。
 ちょうど、鳥取短大の学生さんが帰宅時間だったみたいで、2つしかない車両の大半は女子学生だった。ちょっとラッキーかなと思ったけど、眠くて・・・ZZZZZZZZZZZZ

 今回の鳥取純米燗は、辨天娘特集。
 蔵からは、蔵元とリアル辨天娘の陽子ちゃんが来てくださいました。

 お料理は、写真の他にお造り、お吸い物(辨天娘純米入り♪)、果物、豆ごはんのおにぎりも出ました。はっきり言って、料理が旨すぎ!さすがの辨天娘もこれだけ旨い料理だと、ちょびっと影が薄かったかも。
 辨天娘ラインは・・・
 H22BY純米槽汲中垂れ玉栄70%3番娘
 H19BY純米吟醸山田錦55%9番娘
 H20BY純米山田錦80%13番娘
 H20BY純米玉栄70%14番娘
 H20BY純米にごり玉栄65%2番娘
 H20BY純米五百万石70%5番娘

 今回は、初めに松花堂弁当っぽいつまみが出してあったおかげで、お酒のサービスが間に合わないという感じがなかったのが、良かったが、そのスムーズさにみんな気が付いていたかな??

 会は蔵元のあいさつに始まり、私のあいさつで終わりましたが・・・・何を話したのか、覚えてないです;;;;

 近くに、鳥取県西部の蔵の蔵人が二人きていましたので、その二人とたくさん話をしました。この内容は、だいたい覚えてますけど、業界の話なので割愛。前向きな話だったことだけお伝えしておきます。

 最終列車に間に合って、米子を後にしました。
 切符をどこに入れたのか、改札でしばらく足止め食らったり、駅から徒歩で帰宅中(なんで、歩いたのか覚えていない;;;;)、何故そんなものが食べたくなったのかわからないのだが、どこかのコンビニでクリームたっぷりのロールケーキを買って歩きながら食べたりした・・・みたい。
 クリームで顎がネタネタしたのを、ぼんやり覚えている。

 せっかく、美味しい料理とお酒を楽しんだのに、なんだか最後はぐちゃぐちゃな一日だった。

 ・・・来月の出雲行がちょっと不安だ。(-_-;)
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-17 12:34 | 純米酒

珍しく冷やで

b0028347_9105569.jpg
 夏ヤゴにごり、活性にごりでこんな瓶、こんなラベルデザインなので「冷やで」飲むのが当たり前なんでしょうけど、試しにあっためてみたら旨かった。
 でも、昨日は、蔵の狙いである「とりあえずビール」の代わりに飲む事として、冷やのまま飲んだ。ドライだけど、旨味があるのは、「ドライ」という名前のどっかのビールより断然すぐれている。

 
 ビールもあんなドライ傾向に走らなきゃ、味の寂しいハポ~シュや大悲惨びーるに飲み手が奪われることもなかったろうに。日本酒がアル添して炭濾過かけて味の乏しい酒を造ってたのが原因で、パック安酒に飲み手が奪われたという歴史を見ていなかったわけではなかろうに。

 ま、今更遅いか…。



 とりビー代わりだから、一本飲んで、次に移る。
 三井の寿純米吟麗。

 このお酒、結構華やか系の口中香がある。そのため、楽しく飲める温度帯がちょいと狭いんだな。冷やは問題ない。お燗がさぁ、60度まであっためて下げたりとか、50度近辺で保ったりとか、ちょっと面倒。面倒な時は・・・別に秘策もないので、冷やで飲む事にした。(スンマセン、芸が無くって)
 
 やっぱりお燗が恋しくなって、秋鹿を燗して、締めたとさ。 (^^ゞ
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-15 09:28 | 純米酒

実感無いのが貧乏の原因

 問屋さんのセールスは「もう暇でしょうがないですよ。注文が入っても、品物が無いんですから。」と嘆いている。缶チューハイ類、発泡酒類(第三のビール含む)、缶ビール(特に500ml缶)が品不足なのだそうだ。

 う~~~~ん、実感がわかない。 (>_<)

 缶チューハイ置いてないし、発泡酒だって一種類しかない上にあまり動かないから発注もしてないし、500mlの缶ビールなんてエビス・ザ・ホップしか置いてないし。だから、品薄と言われても、全然実感ないし、影響もない。関係のない世界で酒屋やってるのは、本意ではあるが、地元の問屋さんの言葉という事は、地元ではそういうものが飲まれているという事であって、実感が無いとなると非地元密着であり、そこが当店の弱点、欠点、貧乏の元凶ってことだ。
 
 今日は昨日とうって変わっていい天気。
 だれか、店に来たっけ?・・・保険屋のおばちゃんが、アンケート取りに来ただけだ。 orz
b0028347_14373979.jpg
 そんなわが店に、今月もっとも光を与えてくれているのは、このお酒だ。
 日置桜H21BY八割搗き強力(1.8L 2625円)・・・原料米は内田百種園産、つまり「鍛造」だ。

 光って?

 売上って事もあるんだけど、それよりも、自分が飲む「幸せ感」だわぃ。これが飲める日は(休肝日じゃない日は)、「あいつが待っている♡」的気分が光なのだ。

 自営業で同じ店で働いていると、新婚当初でもずっと一緒で「あいつが待っている」というような状況は経験したことが無い。だから、酒でしかこういう実感は理解できない。

 昨日は、まず、メインのつまみができるまで「ブルーチーズ」かじりながら、55度燗。この酒の持つ酸が、実にすばらしい相性をつくりだす。メインが無くとも、これだけでも、もう一合いけそうだ。
b0028347_1448764.jpg
 そして、メイン。
 茄子を炒めていたような、味噌で煮ていたような…。ちゃんと見ていないので知らない。
 これでも、充分に旨いが、「まかないラー油」を付けた方がもっと旨かったに違いない。…その時は思いつかなかった…

 茄子でも一合、、、いや二合だったかな、、、飲んで、心が解放された。(忘れたとも言うが、記憶がなくなったわけじゃない・・・微妙?)
 

 
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-13 14:58 | 純米酒

久々に割った

b0028347_1693545.jpg
 写真は、ブルーチーズと辨天娘の酒粕。サンドにしてはいませんが、いっしょに口に放り込みます。

 宮崎の渡邊酒造場の旭萬年白麹20度義援金ラベル、これを割水して飲むとやばいっす。割水しても、氷は入れない方がいい。水道水の温度くらいが丁度なんだな。ほんのり芋味、うっすらとそして柔らかな甘みがあって、少しだけ粘性も感じつつ、何の抵抗もなく喉へ落ちていく。
 どうしようもないくらい、飲めてしまう。つまみがあっても旨いが、なくてもテレビ見ながらだらだらと飲めてしまう。

 土曜日、アスパラクラブの稲垣さんからメールをもらった。主たる内容は別の事だが「いま、教わった水割り燗で楽しんでいます」との事。

 そうだ、焼酎割ってる場合じゃないよ。俺。

 というわけで、飲みかけの「秋鹿H22BY純米無濾過生原酒山田錦80%」を割水燗にしてみる。つまみは、手巻き寿司の具。手巻きにするのが面倒だったので、刺身として食べた。
 割水燗、久しぶりだったけど(人に勧めておいて、まぁ、なんて無責任なことだ・・・)、原酒のままでお燗するより断然いいじゃん!炭酸ガスも全然気にならないし、アルコール度数が低い分抵抗も無いし。そして立派なのは、旨味が失われないし、味わいのバランスも崩れない。酸が突出するなんてことも無い。

 ただ、問題は、旭萬年20度割水同様、終わりがない事だ・・・。 (^_^;)
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-09 16:28 | 純米酒

ゴールデンウィークの中のゴールデンな一日

b0028347_10104679.jpg

 ゴールデンウィークの中の大事な定休日、私はもっとも好きなことでその日を過ごすことができました。殊更、遠くに出かける事もしてませんが、すごく充実感がありました。

 写真は本宮の泉
 以前行った、白鳳の里の「ゆめ温泉」を拠点に、ジョギングしてきました。別に、どこに行っても良かったのですが、きれいな水を眺めるのは、心癒されるかなと。
 静かな山の中の舗装された道路を通って、連休の中日で農作業に励む人に少しすまないような気持ちも持ちながら、でも、反面、少し優越感に似た気持ちも持ちながら、がんばらないスピードでただ黙々と。
 往復で70分くらい。
 まだ、少し物足らなかったので、前回、行かなかった上淀廃寺跡にも。片道400m程だから、まったくのおまけだけど。
 ここの一番高いところから、一枚撮ってみました。
b0028347_12253611.jpg

 この眺めも、気持ちいい~♪

 おニューのランニングシューズの試着も兼ねてのジョギング。携帯ラジオでは「GWあなたは何をしていますか?」の質問を投げかけていました。「今、まっさらなランニングシューズで、ジョギングしてます!」と声に出さないで答えていました。

 大勢の人から見れば、何が楽しいの?というような事ですが、誰にも干渉されず黙々と、しかも頑張らないスピードで走り、その後、自分にご褒美の温泉につかる。同じ趣味をお持ちの方は、きっと大きくうなずいていると思います。

 夜は、当然、お燗酒付の晩御飯。
 もやし鍋、鶏肉バージョン(体に気を使って;;;)を食べながら「生もとのどぶH22BY仕込14号」を飲みました。ささやかですが、とっても良い一日でした。
[PR]
by kanzakerakuen | 2011-05-03 12:35 | 隙間


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB47~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

人気ジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧