満面の笑み

b0028347_1149190.jpg


 3月30日(日)開催 
 純米魂2014実行員会 味処進 赤坂信行さん


 笑顔が眩しいぜっ!






                                    



                                         テカッてるぜ。(^◇^)
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-03-08 11:52 | 純米酒

担当セールスの一言

 とある蔵のお酒を、新たに扱ってみることにした。
 
 醸造年度が変わったり、新たに扱うものは当然のことだが味見をする。月にすると結構な本数を味見することになるので、一升瓶を開けるとなると結構な出費になってしまう。
 なので、サンプルを持っていらっしゃる蔵にはサンプルを請求し、お持ちでない場合は四合瓶を仕入れることにしている。(四合瓶が無い場合には、一升瓶を開けることになる;;;)

 「実はですね、一升瓶は(注文したもの)H23BYなんですが、四合瓶はH24BYなんですよ。サンプルもありませんし…。まぁ、H23BYもH24BYもそんなに変わりませんけどね。エヘヘ」
 担当セールスから、こんな電話が定休日の午前中にかかってきたのだ。

 「じゃあ、サンプルなしでいいです。一升瓶開けるので」 
 自分が買う事になるので、飲む酒が増えると、少し喜んだのだが・・・彼の言葉を思い出して、ちょいと頭にきた。

 H23BYもH24BYも変わらないって…。そんな訳あるかよっ!そんな味のわからない奴が担当セールスだったと思うと情けない。(見たことも会ったこともないんですけどね)
 こいつ、味見してるんだろうな、ほんとに。

 果たして、そのH23BYもH24BYも変わらないといったそのお酒を味見したが・・・

 (;゚Д゚) なるほど、そういう事かい!
      担当セールスの言ったことは、あながち間違いではないのだ。
      軽くではあるが、炭濾過してある。これじゃ年度違いの個性は失われるわけだ。。。

 セールスは、こんな事をしてしまう蔵の方針に対して投げやりな気持ちで言ったのか、はたまた自虐的な意味を持たせて言ったのか。

 注意:個性が失われているが、不味いわけではない。炭濾過がわかってしまい気になる人は飲まないほうがいいけどね。 (-_-;)
 
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-03-06 08:56 | 純米酒

利用されてるだけじゃないの?

 鳥取県産米きぬむすめを氷温熟成させた原料米を使った、日本盛のパック酒ができたと報道。

b0028347_837436.jpg

 日本海新聞見出しの「酒もうまい」というのは、嘘っぱちだが、YOMIURI ONLINEの記事をコピーすると【「鳥取の技術と米を使った商品の特徴を発信することで、新たな原料米として定着させたい」と意欲をみせる。県食のみやこ推進課は「きぬむすめのイメージアップになる。県内外に知ってもらい、お米としても食べてもらえるようになれば」と期待している。】とある…

 果たして・・・

b0028347_8424056.jpg


 鳥取県側が期待するような文言は一言もない。鳥取県の米である事、品種がきぬむすめである事、鳥取県の氷温熟成技術で熟成させたお米である事など、宣伝してもらいたかった言葉は見事に無い。

 これじゃ、若桜町のひとめぼれがタニタ食堂で使われた時と同じようなもんじゃない?
 http://nizake.exblog.jp/19151613/
 
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-02-22 08:48 | 負け犬の遠吠え

2月13日が誕生日ですが

 日置桜(山根酒造場)の杜氏、前田一洋氏の誕生会を兼ねた、大塚屋さん、カイ燗さんとの飲み会が、蔵の会所場(つまり、蔵の休憩室)でありました。
b0028347_163634100.jpg

       菊池さん(元砂丘屋さん)の伴奏で、HappyBirthdayの歌をカイ燗の小倉さんが独唱。

 プレゼントに、乾杯用の「にわのうぐいすスパークリングピンク」、そして杜氏が竹鶴酒造さんにいた頃のお酒「清酒竹鶴H18BY生もと純米」を持っていきました。
 日置桜のスペシャルな生もと(確か…H14BYくらいからずらっとあったと思う)に影が薄くなってしまいましたが;;;

 そして、もう一本。
 H12BY日置桜純米生原酒「初しぼり」を。

 冷蔵保管(15度位の冷蔵庫)とはいえ、13年前の初しぼり、飲めるかどうかわからなかったですが、開けてみました。
 冷やで飲む限りでは、まだ渋さが残り、味の開いてない部分があるようにも感じました。奥には少し生老ねの味わいも。お燗してみると、熱い間は若い感じの酒に思え、燗冷ましになるとさすがに生酒の熟成感が多少の生老ねと共に感じられました。

 以外に飲めて、驚きでした。
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-02-12 16:48 | 純米酒

それも、ちゃうやろっ!

 ディスカウント店だからって、商品知識が無くて良いってことはないかろう。
 知識なんて、大袈裟なものでもないな、この場合。

 きっと、問屋さんもわかってないんでしょう。にごり酒が冬にしかないものだって、思ってる酒屋や問屋が多いからなぁ…。
b0028347_15553324.jpg


 DSの使命感として少し安く売るのはわかりますけど、一年熟成したお酒を「新酒」として売るのはどうかと思うよ。別に新酒だから旨いってわけじゃないから、買ったお客さんは「旨い」からラッキーなんですけどね。

 ・日置桜鍛造純米にごり酒山田錦75%はH24BYですから。。。H25BYの新酒じゃありません。
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-02-07 16:01 | 純米酒

それ、ちゃうだろっ!

b0028347_12295793.jpg


 「晩酌前に、おひとつどうぞ」ってなもんで、何やら果物の皮をむいてくれている妻。

 「かった!(硬い)」
 「これ、香りは良いけど全然熟してないよ。ほら、カチカチ」

 数日前からテーブルに置かれていた果物なのだが、写真のような色でもなく、かといって鮮やかな黄色でもなく、少し黄色がかった緑色(写真のような)でちょっと黒っぽい染みのような斑点もあった。そう、見てくれは「くびれの少ない洋ナシ」だった。

 「良い香りなんだけど、洋ナシの香りとは違うね。何だろうこれ?」
 「熟してないだけじゃない?」と言ってみたが、色は既に「いっちゃてる」感じの色だしなぁ。。。

 皿に盛られた「疑惑だらけの洋ナシ」はいかにも硬そうだし、ジューシーさが無い。見るからに、まずそう。香りは良いけど;;;

 次男を捕まえて「食べてみろ。食べたら、このピザ食わせてやる」と、強引に試食をさせた。
 「うわっ、なにこれ~~~~;;;」

 「なにこれ~って、、、、」と私も一口齧りかけたが、歯を立てたところで寸止め。それでも大いに渋い。渋柿ほど渋い。渋い酒にはめっぽう強い私でも渋い。

 次男は、ひと欠片食べてしまったらしく、盛んに「渋い」を連発。続いて口にした妻もウゲッとなっている様子。



 ・・・あっ!
 ・・・今更、思い出したよ。

 ・・・これ、花梨だわ。  ; ̄ロ ̄)!!
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-02-01 12:41 | 負け犬の遠吠え

春の気配

 昨日、気温が高かった。春の気温。

 ってわけで、冬眠から覚めた模様。

b0028347_12123236.jpg


 今朝はストーブの前で伸びてました。(笑)


 ・・・しかし、フライングじゃないかい、ポチよ。
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-01-31 12:13 | 隙間

こういう組み合わせもあり

 純米魂2014には、「カレー部」もカレーを出品します。
 
 「カレーと日本酒って難しいんじゃないですか?」とか「香辛料と日本酒ってどうなん?」という声を聞きます。そんなに難しいかなぁ?というのが、私の考え。

 だってさ、カレーライスが存在する時点で、カレーと米は相性が認められてるんだよ!米の旨みがちゃんと生きてる純米酒なら、うまくいくもんさ。
 パイナップルジュースみたいな酒や、香水と間違えちゃうような酒では無理でしょうけど…。

b0028347_9113024.jpg


 ちょっと辛めのカレーに、H20BY独楽蔵「玄」。
 独楽蔵の甘みが、カレーの辛さを殺さないで、円やかに包み込んでくれます。

 3月30日、どのお酒がカレー部のカレーを包み込んでくれるでしょうね。
[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-01-28 09:14 | 純米酒

これを選んだ理由

 杜の蔵H25BY純米無濾過生原酒「槽汲み」、5本のタンクの中から仕込14号を選びました。

 どれも、標準以上の出来でしたが、今年私は「720mlを一回で飲み干して、途中で飽きのこない酒」という事を念頭に置いて選びました。
 仕込9号は従来型の槽汲み。昨年はこのタイプを選びました。特に昔から槽汲みを飲んでいる人はこれが「いかにも」っていう味に感じるでしょう。ただ、少し「ハネ」が悪く、途中で「生味に飽きる」感じです。
 仕込10号は、他が夢一献の中で、唯一「山田錦」で造られており、肌理の細やかさ、米の味の豊かさと、群を抜いて良い酒でしたが、これは値段が高いの予約してくださっている方に悪いのでやめました。
 仕込11号、こちらは、味残りはしないがちょっと甘い感じがするのと、弱さも感じたのでやめました。
 仕込13号は、他が9号系酵母の中、唯一7号酵母で、米らしい香りや、ふくらみがあり、味も豊かで正直、迷いました。食中にも良い感じだろうと思ったのですが、「夢一献、9号系酵母」ということで予約をとってましたので、断念。
 そして選んだ仕込14号。+10と日本酒度が高いが、辛さよりも切れが際立ち、飲み飽きない。食中にもってくるなら、これだろう。食中という事を考えれば、仕込10号よりも上だと思う。(仕込13号とはいい勝負)

 飲食店さんも、参加されご自分お店で提供するお酒を選んでいらっしゃいましたが、「がっつり食べて、がっつり飲んでもらう」というタイプの店なら、やはり仕込14号が適していると思うのですが。どれをお選びになったのでしょうねぇ?

b0028347_13194188.jpg

[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-01-25 13:19 | 純米酒

燗系者Tシャツ

純米魂2014
 
 チケット販売開始 2月1日  チケット代金6500円/枚(チケット代金には飲食代金と特製ぐい吞の代金が含まれます)
     
 同じく、2月1日から、「純米魂2014特製Tシャツ」1枚2000円の予約受付も開始します。
 サイズは日本サイズでS/M/Lとあります。
 お申し込みの際は、サイズと枚数をお書きください。

★ご来場のお客様の場合、Tシャツの引き渡しは現地にて行います。

 チケット代金とTシャツ代金を同時にお振込みされる場合は、メモ欄に「チケット〇枚代金とTシャツ〇枚代金」と明記してください。
 
b0028347_16148100.jpg

[PR]
# by kanzakerakuen | 2014-01-15 16:02 | 隙間


ww5.tiki.ne.jp/~yamu純米酒屋の引きこもり時間の戯言


by kanzakerakuen

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

フォロー中のブログ

懶雑記
なんとなくスカタン
まいにち酒飲み
東京ハムスター日記
トムの徒然なるままに
SKB48~焼酎屋 兼八...
Minowa@Weblog
こじ記・日本酒紀
へべれけ画廊
快楽満堂
あぐり りんくす
自分遺産
てれんこてれんこ
探しものは何ですか?
踊り子の太腿 ~ シラン...
ちょいとお蕎麦屋さんⅡ
ふりむけばスカタン
ナンクル食堂血風録
デブは痩せなきゃ治らない。
ガラが悪いリーマンの酒日記
やっぱりスタンダードカクテル
CUQ blog
やたいち日記
壺中夜噺
ようこそ!日本酒マルシェへ
ガラが悪いリーマンの酒日記Ⅱ
それいけ!スバル代行
蒜山耕藝 「ろっかつふてえ」
ガテン、ときどきヴィーノ

カテゴリ

純米酒
お酒全般
隙間
負け犬の遠吠え
初めてクッキング
たまぶろぐ(×玉袋)
一文字

お気に入り

以前の記事

2017年 03月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2014年 08月
more...

最新のトラックバック

「ビールを飲んでも大丈夫..
from 痛風を最短で解消するレポート
とんび君、飛来す! その1
from 快楽満堂
逆流性食道炎を最短3日で..
from 自宅でできる逆流性食道炎克服法
ハムスター
from ブログ日記
なた豆茶 効果/効能
from なた豆茶 効果/効能
「お絵かきペンシル」
from 誰でも楽しく!おいしく!料理..
二日酔い 薬
from 二日酔い 薬
テレビでも有名なヒルズコ..
from 効果のほどは?ヒルズコレクシ..
日本で唯一の銀だら味噌漬..
from 銀だら味噌漬 磯田
肥満体にはこの減量サプリ
from デトクリック

ライフログ


かなり気がかりな日本語


忘れられた日本人


代表的日本人


純米酒BOOK


おかわり のんdeぽ庵(5) (KC KISS)


おとなの常識日本酒―美味しい日本酒と出会うための情報とおすすめ蔵元の純米酒189アイテム (淡交ムック)

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

日々の出来事
お酒・お茶

画像一覧